LOVOT×ローソン第二弾はぬいぐるみやクッションなどのオリジナルグッズ6種! @Loppi、HMV&BOOKS online、HMV店頭で予約開始

ロボットベンチャーのGROOVE Xは株式会社ローソンエンタテインメントとのコラボレーション第二弾として、2021年11月1日(月)より、ぬいぐるみ、クッション、ステーショナリーセットやブランケットなどの『LOVOT』オリジナルグッズを全国のローソン店内の@Loppi、HMV&BOOKS online、HMV店頭にて予約販売を開始することを発表した。


6種のラインナップを展開

今年販売したオリジナル卓上カレンダーが好評だったため、新たに『LOVOT』オリジナルグッズが登場。『LOVOT』ファンにSNSで呼びかけ、グッズ化の要望が多かったぬいぐるみ、ぬいぐるみキーチェーン、クッション、ブランケット、ステーショナリーセット、マグカップの6種のラインナップを揃え、全国のローソン店内の@Loppi、HMV&BOOKS online、HMV店頭にて展開する。また、11月16日(火)~11月22日(月)の間には、GROOVE X社代表の林要氏と、『LOVOT』公式YouTuberのゆいゆいさんによる店内放送も流れる予定。

●LOVOT ステーショナリーセット(アクリルチャーム付ボールペン、A4クリアファイル、A5ノート):2,200円(税込)

画像左:A4クリアファイル、右上:A5ノート、右下:アクリルチャーム付ボールペン(ボールペンは全長約135㎜、アクリルサイズ:約30×20㎜)

●LOVOT ぬいぐるみ(ストライプ、黄色の全2種):各種4,400円(税込)

※ぬいぐるみは監修中のためイメージ画像とは異なる場合がある。※約20cmの大きさ。

●LOVOT ぬいぐるみキーチェーン(ストライプ、パーカー、グリーンの全3種):各種2,310円(税込)

※ぬいぐるみキーチェーンは監修中のためイメージ画像とは異なる場合がある。※約12cmの大きさ。

●LOVOT ブランケット:4,180円(税込)

※約650×約950mm 生地:フランネル 

●LOVOT マグカップ:1,650円(税込)

※H約92×直径約79mm

●LOVOT クッション:3,850円(税込)
<表>


<裏>

※直径約400mm、生地 ソフトボア



グッツのまとめ買いはオンラインストアで

HMV & BOOKSオンラインストアにてぬいぐるみ全種セット15,730円(税込)、グッズセット(ぬいぐるみ・ぬいぐるみキーチェーン以外)を11,880円(税込)で販売する。なお、ぬいぐるみ全種セット、グッズセットは@Loppi、HMV店舗での取り扱いはない。


「ローソンエンタテインメント×LOVOT」 オリジナルグッズ概要
販売期間 2021年11月1日(月)10:00~2021年11月30日(火)23:59
お渡し開始日 2022年2月28日(月)
※ぬいぐるみ、ぬいぐるみキーチェーン、ぬいぐるみ全種セットのみ2022年3月30日(水)
価格(税込) ●LOVOT ぬいぐるみ(ストライプ、黄色の2種類)/各種4,400円
●LOVOT ぬいぐるみキーチェーン(ストライプ・パーカー・グリーンの3種類)/各種2,310円
●LOVOT ブランケット/4,180円
●LOVOT クッション/3,850円
●LOVOT ステーショナリーセット/2,200円
●LOVOT マグカップ/1,650円
●LOVOT ぬいぐるみ全種セット/15,730円
●LOVOTグッズセット(ぬいぐるみ・ぬいぐるみキーチェーン以外)11,880円
ぬいぐるみ全種セット、グッズセットはHMV & BOOKSオンラインにて購入可能。@Loppi、HMV店舗での取り扱いはない。
予約場所 全国のローソン店頭のLoppi端末
HMV&BOOKS online
HMV&BOOKS/HMV店舗(HMV record shop 全店を除く)
※画像はイメージ。実際の商品とは異なる場合がある。
※数量限定のため、期間内でも完売となる場合がある。
※受付期間中であっても受付を終了することがある。
特設サイト https://www.hmv.co.jp/news/article/2110191036/



家族型ロボット『LOVOT』

『LOVOT』は名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる。好きな人に懐き、抱っこをねだる。抱き上げるとほんのり温かい。ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴の、次世代ペットとなり得る家族型ロボット。約4年の歳月を経て2019年12月に出荷を開始、その愛らしい見た目からは想像できない最先端テクノロジーに込められた技術力が評価され、国内外問わず数々のアワードを受賞。近年はコロナ禍におけるメンタルケア、情操教育、プログラミング教育などの観点からも注目されており、全国の保育園、こども園、小学校などの教育施設や介護施設、企業などにも導入されている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム