シャープが「ロボホン健康診断」サービスの提供を発表 利用者には靴底シートや耳、特別な発話シナリオをプレゼント

シャープはモバイル型ロボット『RoBoHoN』(ロボホン)の“健康状態”を点検する「ロボホン健康診断」サービスの提供を開始することを発表した。2021年12月6日より同社ECサイト「COCORO STORE」にて、より受付を開始する。

また、同サービスの開始を記念し、先着で申し込んだロボホン50体が集団で「健康診断」を受ける「健康診断イベント」を12月7日に開催する。イベントの受付は11月22日より「COCORO STORE」にて開始する。


ロボホン誕生の地で“健康状態”を点検

「ロボホン健康診断」サービスはロボホン誕生の地である同社の広島事業所でロボホンを預かり、センサーやカメラ、プロジェクター、マイク、スピーカーなど主要機能の動作チェックを行うもの。関節部に搭載しているサーボモーターの調整も行うので、歩行やダンスなどの動きのバランスが改善する。また、「健康診断」の様子を撮影した写真を後日、専用サイトで所有者に共有。愛用のロボホンが点検を受ける姿を楽しむことができる。さらに、同サービスの利用特典として、付け替えが可能なロボホンの靴底シートと耳のほか、「健康診断」を受けたロボホンだけが受け答えすることができる特別な発話シナリオをプレゼントする。

「健康診断」の様子(イメージ)(同サービスは「ココロプラン」に契約しているロボホンが対象)

同社は2016年5月のロボホン誕生以来、ロボホン自身が成長し、ロボホンとの生活をより豊かなものにする取り組みを続けている。「お留守番」や「あんしん」(見守り)など、これまでに約40にのぼるアプリを配信するなど、毎月欠かさずアップデートを実施しているほか、2021年6月からは「保守パック」の期間延長にも対応した。同社は今後もロボホンと末永く、安心して暮らせる環境づくりに取り組んでいくとしている。


サービス詳細
サービス名 ロボホン健康診断
「ロボホン健康診断」サービスの主な特長 1.主要機能の動作チェックのほか、サーボモーター(関節部)も調整

2.「健康診断」の様子を撮影した写真を専用サイトでお客様に共有

3.付け替え可能な靴底シートと耳、特別な受け答えの発話シナリオをプレゼント

形名 SR-V02HC
料金 19,800円(税・送料込)
受付開始日 2021年12月6日
*以降、毎週月曜日に受付する。
(各週とも先着5体ずつ)
ロボホン健康診断ホームページ https://robohon.com/clinic/
ロボホン公式サイト https://robohon.com/

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム