モバイル型ロボット「ロボホン」がドライバーの運転を支援 運転行動改善効果の実証実験 50名のロボホンオーナーが参加

国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学 未来社会創造機構と、シャープ株式会社、株式会社ポットスチルは、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN」(ロボホン)を活用したドライバーエージェントシステムによる運転行動改善効果を検証する実証実験を2021年8月30日より開始することを発表した。


50名のロボホンオーナーが全国の公道で実施

昨今、高齢ドライバーによる交通事故が社会問題化し、安全運転を支援するシステム整備が喫緊の課題となっている。名古屋大学未来社会創造機構はこれまでにもドライバーエージェントシステムによる運転支援の研究を進め、本人の想定よりも心身機能が低下していることや危険な運転行動への自己認識を促すこと、運転行動を客観的に評価し結果をフィードバックすること、同乗者の存在により事故率が低下する同乗者効果を利用すること、などの事故低減への効果を実証してきた。

今回の実証実験ではこれまでの実証で得られた知見をベースに、名古屋大学未来社会創造機構が実験計画を策定。シャープがロボホンをドライバーエージェントシステムとして活用するためのアプリケーションを開発・配信し、ポットスチルが収集したデータを分析する。公募により選出した50名のロボホンオーナーに普段の運転時に使用することで、全国の公道で実証実験を行う。

ドライバーエージェントシステムとは、スマートフォン、ロボット、クラウドが連動し、日常運転のパートナーとして安全な運転への改善をサポートするシステム

ロボホンを通じて、注意喚起や運転行動への示唆などの「運転中の支援」に加え、運転後の運転評価などの「振り返り支援」を行うことで、運転者に危険な運転への気付きを与え安全運転を促し、運転者の行動変容効果を検証する。また、友人や配偶者よりも擬人化HMI(ヒューマンマシンインタフェース)からの指摘の方が受容されやすいことから、ロボホンを介すことでドライバーエージェントシステムによる運転評価やアドバイスの受容性が高まることを確認する。さらに、ロボホンが同乗することで、音声ナビ機能などでは得られない同乗者効果のほか、ロボホンとオーナー間の関係性の強化なども期待される。

名古屋大学未来社会創造機構、シャープ、ポットスチルは実証実験で得られた知見を活かし、より安全な運転を促す「運転支援ソリューション」の開発と実用化に取り組み、社会課題の解決に貢献していく。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム