京都市で電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」開始 主要ポートは京都駅、二条駅、三条駅、出町柳駅

電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP」(ループ)を展開する株式会社Luupは、2021年11月26日(金)13時より、京都市で小型電動アシスト自転車のシェアリングサービスを開始することを発表した。今回は西日本旅客鉄道株式会社や京阪電気鉄道株式会社の協力の元、主要な駅へのポート導入が実現し、サービス開始に至った。


電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを開始

Luupは「街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる」をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを展開している。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指している。

京都府では宇治市にて電動キックボードのシェアリングサービスを2021年10月15日(金)より提供開始している。京都市は小型電動アシスト自転車のシェアリングサービスの提供を通して、観光シーズン中にはバスなどの既存公共交通機関が圧迫されてしまっている点や、南北の移動に比較して東西の移動が不便である点など、移動に関する課題の解決に寄与したいと考えている。

【京都エリアの主要ポート】

京都駅

二条駅

三条駅

出町柳駅(出町柳駐輪センター)


利用方法

アプリダウンロード〜会員登録の方法
1.次のURLにアクセスして、LUUPアプリをダウンロード。
https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

2.ダウンロードが完了したら、電話番号を入力し、SMS認証を行う。

3.認証後、名前・メールアドレスを入力。

4.クレジットカード情報を登録。

ライド開始方法
1.LUUPアプリを開いて、ライドを開始したいポートを探す。

2.アプリ内のポート台数表示から、ポートに小型電動アシスト自転車があることを確認し、ポートに向かう。

3.「ロック解除」ボタンを押してカメラを起動し、QRコードを読み取る。

4.目的地ポートを選択し、返却する場所を予約する。目的地ポートはあとから変更することも可能。

5.スマートロックが解錠されたら、安全にライドを楽しむ。

6.目的地ポートに到着したら、枠線内に返却。

7.鍵をかけて、返却時の写真を送信したら決済が完了し、ライドが終了する。
(ライド中にトラブルがあった場合は、アプリ内のお問い合わせフォームから連絡する。)


小型電動アシスト自転車のシェアリングサービス
利用可能エリア 京都府京都市全域
利用料金 110円/初乗り10分、16.5円/分(税込)
ポート数 21ポート
京都エリアの主要なポートは以下の通り。
●京都駅(西日本旅客鉄道京都電車区)
住所:京都市下京区東油小路町801
利用可能台数:10台

●二条駅
住所:京都市中京区西ノ京東栂尾町
利用可能台数:40台

●三条駅
住所:京都市東山区大橋町
利用可能台数:13台

●出町柳駅(出町柳駐輪センター)
住所:京都市左京区田中上柳町48-1
利用可能台数:5台

ポート設置場所
https://luup.sc/port-map/?city=kyoto)

小型電動アシスト自転車の台数 20台
保険 対物賠償、対人賠償、自身の怪我が保険の対象。


今後の展望

同社は今後も京都エリアにおけるポートの増設、利用可能台数の追加を進めていく。また、将来的な電動キックボードの同サービス内導入も見据えて、より安全で便利なサービスを提供できるよう尽力する、としている。

関連サイト
株式会社Luup

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム