学校でのプログラミング教育を「企業のSDGs推進」が支援する「Pepperふるさと教育支援」提供開始!Pepperが探究型学習を提供

近年、小・中学校でプログラミング教育が必修化、強化されるなど、プログラミングのスキルだけでなく、学習を通した「論理的思考力」の育成が求められている。

ソフトバンクロボティクス株式会社では、Pepperを用いたプログラミング教育を通して社会課題の解決を目指す「Pepper 社会貢献プログラム」を2017年から提供しており、これまで全国約1千校で4万回以上の授業が行われ、多くの児童や生徒がPepperを用いてプログラミングを学んでいるが、この度、同プログラミング教育において、企業が自社で契約したPepperを地元自治体や学校・教育機関に無償提供し、地域の教育を支援できる「Pepperふるさと教育支援」の提供を2021年12月2日から開始した。

同支援策では、Pepperのプログラミング教育に係る費用を企業が負担することで、自治体や学校・教育機関が持つ「プログラミング教育の予算不足」「企業と連携した教育活動の実現」という課題の解決と、企業側の「SDGsの取り組み推進」「地域社会貢献」というニーズをつなげる役割を果たすことができる。

同社は、「Pepperふるさと教育支援」に共感してもらえる企業を広く募り、プログラミング教育を通じた未来を担う人材の育成に努めていくとのことだ。





「Pepper 社会貢献プログラム」ワークフロー




導入されるPepperについて

社会のさまざまなシーンで活用されているPepperは、児童・生徒が実践的な課題解決のプロセスを体験できる「探究型学習」に適した教材で、児童・生徒は楽しみながらプログラミングスキルを身に付けることが可能だ。今回導入されるPepperには、簡単にプログラミングが学べる「Robo Blocks」、特定テーマについてPepperがアシスタントとなり、ユニークな授業ができる「Robo Blocksスクールテンプレート」など、さまざまな教育機関向けロボアプリが実装されている。また、「教師用指導書」や研修用動画で、プログラミングの専門知識がない教師の負担を軽減できる。




先行導入を行っている自治体

「Pepperふるさと教育支援」は既に、福岡県中間市と宮崎県延岡市をはじめ複数の自治体が先行して導入している。中間市では、株式会社イワタダイナースが、延岡市では旭化成株式会社をはじめとする延岡市内の企業6社1団体が、各市内の学校におけるプログラミング教育を支援している。

福岡県中間市×イワタダイナース:協定式の様子

宮崎県延岡市×延岡市内企業6社1団体:延岡市島野浦小学校でのPepperお出迎え式の様子
「Pepperふるさと教育支援」詳細、導入事例:
https://www.softbankrobotics.com/jp/product/education/furusato/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム