「中橋さんと行くロボットレストランの旅」レポートその2

最近、本サイトでロボレスの記事を見かけた方もいらっしゃると思いますが、弊社から三人参加して、全員同じ記事を書けという指令が出ております・・・。

ということで。

20150812_203158

行ってまいりました、ロボットレストラン!!

20150812_194003

今回で、ロボットレストランに行くのは三回目なのですが、日々進化しています。

まず、かつては内装の張りぼて感が満載だったのですが、本格的になってきています。

20150812_205841

かつてはただのサイリウムだったのですが、ちゃんと名前が入っていました。

20150812_192730

そしてなにより、かつては日本人100%たったのが、外国人のお客さんがほとんどになりました。

チケットにtripadvisorの広告(?)が。

20150812_200517

序盤は外国人向けを意識して、「和」の演出が続きます。

20150812_194452

お弁当も「和」ですが、外国人のお客さんはポップコーンとビールというスタイルが多かったです。

向かいの客席の人たちに、「和食を食べる日本人」として観賞されている気分でした。

20150812_203031

中盤は怪獣やらヘビやらイルカやら、色々と出てきます。

客席ギリギリだったり、客席の上まで迫ってくるのは迫力満点です。

20150812_211158

そして、全て何かをモチーフにしている気がするのです。

Sのマークが・・・。

20150812_202737

モ○ラ?

火花・煙系が増えて、臨場感が増していました。

もくもくになった後、排煙装置の音がしていたので、最近導入したのかもしれません。

20150812_211225(0)

最後は大型ロボットも沢山出てきました。

20150812_205224

ちなみに、以前行った時は4,000円(税込)だったお値段も、7,000円(税込)に成長しましたが、一見の価値はありますよ。

是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ABOUT THE AUTHOR / 

鹿田 貴史
鹿田 貴史

携帯検索サイト立ち上げ、サーチテリア広告立ち上げ、トランスコスモスにてAskモバイル立ち上げ、アパンドールCTOを経て、現在ロボットスタート株式会社CTO。将来の夢はバスの運転士。

PR

連載・コラム