} 【僕は】CEATECでRoBoHoN(ロボホン)見てきました!【広島出身です】 | ロボスタ

【僕は】CEATECでRoBoHoN(ロボホン)見てきました!【広島出身です】

今、話題になっているシャープのRoBoHoN(ロボホン)。

先日NEWSで取り上げたところ、スゴイ数のシェアをしていただきスタッフ全員が驚いた位、期待が高まっています。

そのRoBoHoNが10月7日〜10日にかけて開催されているアジア最大級の規模を誇るIT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」のシャープブースで展示されているということで、行ってきました!!

ブースはHall1のライフ&ソサイエティステージにあります。このエリアはシャープさん始め、家電メーカーや通信機器メーカが大規模なブースを展開しています。

SHARP1

ということで、シャープさんのブース到着です。もちろん、RoBoHoN以外にも8Kテレビや、独自のAI技術であるココロエンジンを搭載した家電も並んでいますが…

SHARP2

何と言っても、RoBoHoNですよ!!
ブース正面では色々なポーズを取っているRoBoHoNと先日Webで公開されたイメージ動画が流れています。

SHARP3

RoBoHoNのプレゼンテーションはこんなにスゴイ人が…。
ちなみに僕は良いポジションからRoBoHoNのご尊顔を拝みたいので、1組待ってプレゼンテーションブースに入りました。

SHARP4

プレゼンテーション開始です!
おぉ、RoBoHoNが目の前で動いている!!

SHARP5

ナビゲーターのお姉さんをセルフィ。

SHARP6

セルフィした写真は背面にあるモニターだけではなく、プロジェクターで投影しても確認できます。
もちろん動画なども投影可能とのこと。

SHARP7

ダンスも華麗にこなします!!

SHARP8

プレゼンテーションが終わり、実際にRoBoHoNに触ることができます。
座っている姿もいいよ!

SHARP9

電話を受ける時は、RoBoHoNの顔を耳に近づけます。
通話用のスピーカーは目の上にある小さな穴。

SHARP10

マイクは足元の付け根にあります。

実際に持たせてもらいましたが、皆さんの感想同様に結構ズッシリしています。
そりゃ、あれだけ駆動するサーボが入っていたり、プロジェクターが入っていたりすれば仕方ないですよね。

ちなみに、開発は広島で行っているとのこと。広島はシャープのスマートフォンやタブレットの開発部門があるので、通信機能をもったRoBoHoNはそこで作られています。

OSやオリジナルのアプリは開発出来るのかと質問したところ
「OSは独自です。SDKはデベロッパーのご要望があれば前向きに検討します!」
とのお言葉をいただきました。

もし開発できたら、本当に夢が広がりそう。シャープさん是非お願いしますね。

ということで、CEATECシャープブースでのRoBoHoNの模様をお届けしました!!

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

PR

連載・コラム