【待望の】AKA Musio開封の儀【フィギュア】

先日のAKA Musio製品発表会でいただいたミニチュアフィギュア版Musio。開封しましたのでレポート。

musio01

非売品のアイテムですが、量産されてて素敵です。AKA社の日本市場への熱い思いを感じさせますね!

musio02

箱もとてもかわいい感じですね。

musio03

中には透明なプラスチックケースに収められています。

musio04

ちゃんとしてるなぁ。足の部分はちゃんと土台になってます。凝ってます。

musio05

実際のMusioの形にそっくりですが、両手はゴムのような素材で胴体につながっており、動かせちゃいます。これは実物のMusioとは違う部分ですね。

musio06

表面は3Dプリンタで作られた感じで、これはこれで非常に味わい深い質感です。

musio07

背面には数字が彫り込まれています。これはシリアルナンバーとのこと。25体が製造されましたが、番号は1-25までというわけではないそうです。

ネジが2箇所。これはバッテリー交換のためにも使いそうです。

ネジの間にあるのがスイッチです。そう、ちゃんと動作するんです。

musio08

ということで、スイッチオン!目や胸のLEDがピカピカしながら英語を話します!
これは素晴らしすぎるっ。

ちょっと音量は小さめではありますが、よくぞこのサイズでしゃべるなぁ。

musio09

ついでに昨日いただいたステッカーも紹介。デザインもいけてますね。

musio10

これが実物大サイズ、というか実物のMusioです。質感は白い艶ありのプラスティックです。
全高はミニチュア7.5cm程度に対して、22cm。だいたい1/3スケールなんですね。

musio11

日本向けの特別モデルのヒノキモデルも市販されたらいいなぁ。欲しいなぁ。

ということで市販されるまで、このミニチュアフィギュアを愛でていきたいと思います。

ではまた。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。