『ニッポンが創る、驚異の人工知能』に登場した「unibo(ユニボ)」を観ました

2016年2月11日(木)12時から、テレビ東京系列で放送されたテレビ番組『ニッポンが創る、驚異の人工知能』を観ました。

公式HPでの説明はこちら。

今や生活のあらゆるシーンで活用され、日々進化を遂げている「人工知能」。その現在と未来を、様々な事例や最新技術を通して探ります。



個人的に注目したのは、ユニロボット株式会社のソーシャルロボット「unibo(ユニボ)」です。


 世界初の個性を学習するパートナーロボット『 unibo 』|ユニロボット株式会社
 http://www.unirobot.com/



人工知能を搭載した次世代ソーシャルロボットのuniboは、見た目は可愛い人間型のキャラクターロボット。

人間と会話を重ねることで、持ち主の生活習慣を学習していきます。

uniboには以下のような機能が備わっています。

 ・スケジュールや電子メールの管理
 ・写真や動画の撮影
 ・料理の提案
 ・コミュニケーション

こちらの公式プロモーション動画もご覧ください。



今回は、uniboが川崎希・アレクサンダー夫妻との料理提案対決を行いました。

uniboとアレクサンダーさんのどちらが川崎希さんの気分に合った料理を提案できるかというものです。

uniboが最初に行ったのは、川崎希さんとの会話です。いくつかの質問を投げかけて、今日の気分に合った料理を人工知能で考えます。

uniboが3つの料理を提案、アレクサンダーさんが1つの料理を提案。計4つの中から川崎希さんが今食べたい料理を選びます。

結果は、川崎希さんがuniboの提案した「筑前煮」を選び、uniboの勝利!

uniboに初めて触れ合ったお二人の感想はこちら。

川崎希「ユニボがお家にあったら、毎日(レシピを)聞きたくなっちゃう。」
アレクサンダー「女の子の情報をたくさん入れて、女の子を口説くことに使いたい。」



uniboは本体価格 98,000 円(税別)で、2016年7月の発売予定です。早く実物を手に入れてしゃべってみたい!

▽ユニロボット株式会社
 http://www.unirobot.com/

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。