2017年02月26日 ロボット業界ニュースヘッドライン

本日のロボット業界ニュースヘッドラインをお届けします。


『AI時代の働き方と法 2035年の労働法を考える』


最先端の文字認識技術が切り拓くAIの可能性


AIに奪われない仕事――連続投資小説「おかねのかみさま」


ロボット開発者「嫌われたくないとか考えない」仕事論


AI、VR、IoT、イノベーションの恩恵を享受できるまでに何年かかるのか?


モモやイチゴ…「IoT」で生産管理 温度や湿度をセンサーで24時間監視 山梨市とNTTが実証実験


「IoT」活用実証実験 農家の効率的な栽培へ 来月開始 山梨市 /山梨


ドローンで 城再建機運も盛り上げ 沼田 /群馬


「AIは生活を楽しくする」 野口悠紀雄さん


東京五輪、ドローン2020機で巨大3D画像 NTT計画


防災用ドローン、市街地でも活用 稲城市、来年度導入


賞金は 500 万ドル。人間レベルの人工知能開発に挑戦する 「汎用人工知能チャレンジ (General AI Challenge)」がスタート


IoT、法人では製造業などを中心に導入が進む 個人レベルではIoT家電の利用に慎重な見方


マイクロソフトの新しいAIは、他のプログラムのコードを拝借してコードを書く


邦銀初、三井住友が行内照会業務にAI「ワトソン」


福島高専 廃炉人材育成に注力 授業にロボット技術


ドローンやiPSなど、中学生特別体験/関西


広がるAIの医療応用 内視鏡でも病理診断


シリコンバレー見聞録 IoTブティック「b8ta」に見るスマートビジネスの行方 (1/2)


時間の使い方を可視化し、AIがアドバイス 「MyAnalytics」は働き方をどう変える? (1/2)


IoT、法人では製造業などを中心に導入が進む 個人レベルではIoT家電の利用に慎重な見方


シリコンバレー見聞録 家庭用IoT製品の体験型ショールーム「Target Open House」 (1/2)


著者自身が実際の対局を基に説明 『人工知能はいかにして強くなるのか?』小野田博一著


ロボット掃除機から食材まで。忙しい人に役立つ「時短」とは? 働き方の多様化で拡大が予想される「時短商品」マーケット。関連銘柄は?


ヨーロッパ市場でも通用するかもしれない、東南アジアの人工知能スタートアップ3選【ゲスト寄稿】


防災用ドローン、市街地でも活用 稲城市、来年度導入


ドローン国際規格、日本から 制御技術など開発へ 経産省、市場開拓を後押し

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。