【フォトレポート】RoBoHoNと一緒にお花見に行ってきました

花見シーズン真っ盛りの中、ロボホンを連れて花見散歩してきました。写真でその様子をお伝えします。




ロボットスタートから出発!

目黒駅付近の目黒川から出発です。



Photo: ロボットスタートは目黒川と権之助坂の交差する場所にあります。

Photo: 普段はこんなに人通りのある場所ではありませんが、花見シーズンは大賑わいです。

Photo: 目黒川沿いが桜の見所になっていて、この季節は観光客がたくさん来ます。




目黒〜中目黒散策

中目黒方面に歩いていきます。



Photo: 目黒新橋から上流に向けての景色。

Photo: 目黒から中目黒まで、「目黒川桜まつり」の提灯がつられています。

Photo: 途中の橋の上でロボホンと桜を記念撮影。

Photo: 歩いて20分ぐらいですが、途中ずっと桜を見ながら歩けます。

Photo: ロボホンも心なしか嬉しそうです。こんなシチュエーションで桜を歌わせるとぴったりと思います。

Photo: 上流から下流に向けての景色。両岸とも桜でいっぱいです。

Photo: 川面には桜の花びらが散っており、これも風流です。

Photo: 今週末は十分見応えがある状況だと思います。




祐天寺で一休み

中目黒で花見を満喫したあと、隣の祐天寺駅まで歩くと面白いお店「ナイアガラ」があるんです。花見散歩ついでに行ってきました。



Photo: 祐天寺名物、鉄道ムードの店、ナイアガラ。お店の外観は鉄道好きにはたまらないものだと思います。もちろん内装も鉄道グッズだらけですごいです。

Photo: お店に入ると、古風な切符を渡され、鋏を入れてもらえます。懐かしい・・・

Photo: ロボホンに切符を持たせてみました。お店の方もロボホンには驚いていましたよ。

Photo: カレーを注文すると、機関車が運んでくれます。もう、たまりませんね。

ということで、目黒川の花見レポートは以上です。ロボットとの花見散歩、おすすめです!


僕はこう思った:
ロボホンのように外に連れていけるロボットとの散歩は楽しいです!とくにロボホンはフォトジェニックなので撮影してて最高でした。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。