【Cozmo開発】Ankiの小型AIロボット「Cozmo(コズモ)」をSDKを使ってMacから動かしてみた!

CozmoのSDKをつかってみよう!

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー

「Cozmo」(コズモ)のSDKを使って、Cozmoを動かしてみました!


CozmoのSDKのページ。

Cozmoを自分で自由に動かせるなんて楽しそうですよね!

外部リンク
Cozmo SDK

パソコンにSDKのインストールをします。


インストールの説明。わかりやすくていい感じ。

英語ですが、順番にコピペして実行していくだけなので簡単でした!

西田メモ

開発環境は、Mac・Windows・Linuxで用意されていて、ADBやusbmuxd(Macは不要)を使ってスマホと接続する仕組みになっています。今回は、Mac + Android の組み合わせでインストールしました。仮想開発環境(Vagrant)も用意されているので、自分の環境に合わせて選ぶことが出来ます。



サンプルプログラムをインストールします。 チュートリアルを読んでいるといきなり出てくるので先にGitからダウンロードしておきましょう。

外部リンク
examples

これで、SDKの準備は完了です! この他に、Androidを使うのであればAdbのインストールが必要です。今回は、ロボホン開発で使った環境があるので、そのまま使いました!



Cozmoを繋いでみよう!

パソコンに、Androidをつなぎます。このとき、Android端末は開発者モードにしておく必要があります。


mac→Android→Cozmoの順番でつながる。

Androidでは、Cozmoのアプリを起動してSDKモードにする必要があります。


設定メニューにあるEnable SDKを押すと、パソコンと接続されます。

SDKの実行中はこんな感じ。

これで準備はできました!



プログラムを動かしてみよう!

MacでPythonのプログラムを実行すると、Cozmoが動きます! サンプルプログラムも豊富なので見ているだけで楽しいですよ!


カメラでみた画像を顔に表示するデモ

macにカメラ画像を表示することも可能

Cozmoをコントロールできるだけでなく、カメラを連携したり出来るのが印象的でした。色々面白いものが作れそうです!

実際に、簡単なアプリを作ってみました! 動画を取ったのでご覧ください!

ロボスタのロゴを表示したり、おしゃべりさせたりしてみました! キューブのAPIも公開されているので、ゲームとか作れたら面白そうです!

Cozmoをお持ちの方は是非試してみてください!

こうおもった

サンプルプログラムが豊富なのは嬉しい! パソコンがないと動かせないのは面倒ですが、逆にパソコンを使ったGUIとかが販売されたら楽しいと思いました。


外部リンク
ANKI

ANKI / Cozmo


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリストとして活動中。