NTTドコモがAI音声アシスタント搭載スマートスピーカー市場に参入?NHKが報じる

NTTドコモが音声アシスタント自社製品を投下するとNHKが報じた。



Photo: NHK

関係者によれば、来年度中に発売する計画という。機能はスマートスピーカーの通常の機能に追加して、外出先からもスマートフォンと連携して操作できる予定という。このあたりはキャリアとしてのノウハウが注ぎ込まれるものと期待したい。


ロボスタでも連日のようにAI音声アシスタント搭載のスマートスピーカーについてお伝えしてきたが、海外勢の日本進出の動きと、国内勢の市場参入でこの市場が盛り上がることは間違いないだろう。


僕はこう思った:

NTTドコモは、日本語音声系サービス「しゃべってコンシェル」、「iコンシェル」などを展開してきており、日本人の会話のノウハウは海外勢と十分対抗できるものだと思います。
また販売面でも、ドコモショップなどを活用することで優位性があると思います。


ロボスタとしてNTTドコモに是非取り組んで欲しいポイントは、スキル開発環境の公開です。スマートスピーカーはスキルの多さが最終的に勝敗を分ける要素になる可能性が高いと思いますので。




ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム