女性客が6割! オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」で感じた「不気味の谷」が潜む場所

オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」が渋谷のアツコバルーで5月20日〜6月11日までの期間限定で開催されています。今回の記事では、こちらの企画展をご紹介していきます。

昨年ヴァニラ画廊で開催された「人造乙女美術館」も記事としてのかなりの反響がありましたが、今回ご紹介する企画展も、すでに多くの来場者が訪れており、まだ開催から2週間しか経過していませんが、4,000名以上の方々がこちらの展示会に訪れているとのことです。しかも男女比率は4:6と、女性の方が多く訪れているというから驚きです。



中に入ると、まずラブドールの数々に圧倒されます。肌も綺麗で、訪れる女性の方々も「憧れ」を持って眺めていくと言います。



オリエント工業、40年の進化

オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」という名前の通り、今回の展示会では過去のラブドールから現在のものまでの進化を見ることができます。それでは古い順にまず4種類を紹介していきます。



こちらが展示されていた中では一番古いラブドール。目の開き方や顔のバランスに怖さを感じます。



続いて、少しだけ顔が穏やかになったもの。やはりまだどこか怖さを感じてしまいます。体のバランスも違和感があります。



ここからは、すでに不気味な印象はありません。顔の作りも人間と見間違うほど。しかし、完全に人間に寄せているというよりは、少しデフォルメされている印象もあります。



最新のものは非常に美しい仕上がりとなっています。顔のバランスから、肌の質感まで、細かいポイントに進化を感じます。



展示会ということで、アート寄りの展示も複数見られました。こちらは性玩具と一緒に飾られているラブドール。色味が鮮やかなため、卑猥な印象はありませんでした。



水槽の中に入っているラブドールの展示。こちらは展示スペースのテイストにあわせて特注されたディスプレイセットとのこと。



写真家の篠山紀信さんが撮影した「写真集」で使われたラブドールも2体セットで展示されていました。



とにかく、最近の作品からは「怖さ」を感じることは一切ありませんでした。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。