4m超の日米巨大ロボット対決、いよいよ開催迫る! 水道橋重工のクラタスも現地に到着!

多くの読者が気になっているだろう、日米巨大ロボット対決。4m超のロボット同士が殴り合いをするという前代未聞の対決に、世界中から注目が集まっている。日本代表は、水道橋重工の「クラタス」。一方アメリカ代表は、MegaBotsの「Eagle Prime」だ。開催場所が決まらないという問題により、延期が続いていたが、いよいよ今月9月に対戦することが発表されている。開催場所は非公表、そして開催の模様は動画にて公開されるという。

そんな中、MegaBotsは、同社のFacebookにて近況を報告している。



こちらは8月31日の投稿。イーグルプライムが決戦場所に到着したようだ。輸送時に解体をしているため、組み立てを行い、システムを再構築していくという。



こちらが9月2日の投稿。水道橋重工も現地に到着したようだ。左はMegaBots,inc.の共同創業者の一人Gui Cavalcanti氏、右が水道橋重工の創業者・倉田光吾郎氏。倉田氏は、水道橋重工公式の「油圧Tシャツ」を身にまとっている。



そして9月3日の投稿。夜遅くまで、作業を続ける両陣営。一度ロボットを解体しているため、ベストな状態に持っていくためにはそれなりの作業が必要そうだ。

この投稿のコメント欄に、MegaBotsは以下のようなコメントを残している。

This ain’t a bar fight, folks. I know it sucks to wait to see the fight, but we’ve been planning this for two years. We’re taking our time to do it right!

「これはバーの喧嘩ではなくて、2年間準備してきたもの。だから時間をかけてきちんと準備をする」ということだ。

もちろん開催は9月という発表をしているだけに、近日中に戦いの火蓋は切って落とされるだろう。ものすごく楽しみで、早く開催してもらいたいのも山々だが、両陣営がここまでかけてきた労力を考えると、「準備を急いでくれ!」と言う気にはならない。

言いたいことはただ一つ。
「クラタス、勝ってくれ!」

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム