【写真レポート】本日発売「Google Home」開封の儀! そして海外版と並べてみた。日本語版との違いは?

本日10月6日、Google Homeの日本版が発売されました! ロボスタでも早速入手しましたので、開封してみます。先ほどの購入レポートと併せてお楽しみください。


本日ビックカメラ有楽町店で購入してきた「Google Home」。なんと購入特典に、シールと、



マグカップを頂きました! 嬉しいです。


裏面にはGoogle Homeの文字


それでは早速開けていきます。こちらが箱のおもて面。



こっちが裏面です。そんなの説明しなくてもわかりますよね。



上のカバーを外すと、ケースが。それでは開けますよーーー!



ジャジャーン!



当然ですが、ACアダプターもセットで付いてきます。Google Homeはコンセントを抜いて持ち運びすることができないんですよね。



はい、なかなかいい写真です。そうでもないか。



それではここでクイズです! どっちが日本語版で、どっちが海外版でしょうか。



そうです、正解は右側です。正解した方は、きっとまぐれでしょう。左側の電源を入れたら怒られるので、右側の電源を入れます。


裏側にはしっかり技適マークがありました。裏側見なければ、違いはありません。


さぁ、ついに立ち上げるぞー!

ということで、次回の実機レポートをお待ちください。ちなみに以前おこなった海外版の開封の儀の方が、レッドブルと並べたりしていて、丁寧です。詳しく見たい方は、こちらも併せてお読みください。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム