LINEがClova搭載ワイヤレスイヤホン「 MARS」発表!リアルタイム翻訳機能も搭載。

Siriが呼び出せるApple AirPods、Google Assistantとリアルタイム通訳機能を搭載したGoogle Pixel Budsなどスマートスピーカーの仲間として、スマートヘッドホンスマートイヤホンも盛り上がってきている。

今回はLINEが発表したイヤホン「MARS(マーズ)」を紹介する。




LINE MARS

MARSは2017年11月10日、LINE GlobalのTwitterアカウントが突如発表したイヤホンだ。


MARSは、AIアシスタントのClovaを搭載している。そしてMARSはCES 2018のBest of Innovations awardを獲得しており、2018年の早い段階で発売予定ということだけが明らかになっている。




MARSの外観

公開されたオフィシャルフォトを紹介する。


Photo: LINE

充電ケースと本体。充電ケースはApple AirPodsにかなり似た雰囲気だ。



Photo: LINE

カラーバリエーションはまだ不明だが現時点ではダークグレーのシックなテイスト。本体には小さなLEDが埋め込まれているのがわかる。Google Pixel Budsとは異なり、AirPodsのように左右分離型だ。



Photo: LINE

AirPodsのケースとは異なり、ケースにはストラップもついている。




MARSの翻訳がすごい!

Photo: LINE

MARSのプロモーション動画が公開されている。是非見て欲しい動画だ。


リアルタイムの翻訳機能が素晴らしい。そしてイヤホンをタッチすることで、ノイズキャンセリングをオンにしたり、Clovaを呼び出してコマンドを伝えられることもわかる。

また続報あり次第お伝えしたい。



僕はこう思った:

こういうプロダクトを見ると、英語を勉強するテンションが激下がり・・・しますね(^-^;)



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム