中国ネット大手Baidu、DuerOS搭載の新しいAIデバイス「Raven」シリーズを発表。スマートスピーカー、アームロボット、ホームロボットの3機種展開!

「2017 Baidu World」にて中国ネット大手Baidu(百度:バイドゥ)が自社インテリジェント音声アシスタントDuerOS2.0を搭載した新しいスマートスピーカー、Ravenシリーズを発表した。今回はこの新シリーズ3機種を紹介する。




Raven H(スマートスピーカー)

Photo: Baidu

まず最初のRaevnシリーズとして登場するのがスマートスピーカー(AIスピーカー)のRaven H。2017年2月にBaiduがスマート家庭用ハードウェアのスタートアップRaven Techを買収後、初のRavenシリーズとして登場したプロダクトとなる。

カラフルなプラスチック製の正方形が積み重ねられたデザインは独特だ。さらにLEDが埋め込まれたディスプレイタッチコントローラはベースから取り外すことができる。この凝ったデザインと設計はRaven Techとスウェーデンの家電メーカーTeenage Engineeringが共同で行ったものだという。

2017年12月から256ドルで販売予定となっている。





Raven R(6軸アームロボット)

Photo: Baidu

Ravenシリーズ2機種目は、raven Hの機能をベースにした6軸アームロボット。

ユーザーとの会話に応じて、アームの動きや顔に搭載されたLEDディスプレイの制御で感情表現を行う。

実際公開されたイメージ動画を見ると、とても良く機能しているように思える。





Raven Q(AIホームロボット)

最後にRavenシリーズ3機種目、Rave Q。これはAIホームロボットというコンセプトで現在開発中だ。現時点では画像・動画は未発表。となっている。

プレスリリースの中ではSLAM、コンピュータビジョン搭載すると発表されており、家庭内を移動可能なコミュニケーションロボットと考えられる。



僕はこう思った:

小型アームロボットと会話できたら最高ですよね。欲しくなります。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。