Amazon/AWS、職場向け「Alexa for Business」発表。これからはオフィスでもアレクサの時代!

2017年11月30日開催のAmazon AWSイベント「AWS re:Invent 2017」にて職場向けAlexaサービス「Alexa for Business」が発表された。


家庭内で受け入れられたAmazon Echoを職場でも使えないかというニーズに答えたという今回の新サービス。スマートスピーカー(AIスピーカー)のさらなる利用場所として大注目だ。


ビジネス向けならではの特徴


以下個人向けAmazon Echoと違う点をまとめた。

・利用にはAWSのアカウントが必要となり、AWSの管理画面で様々な設定を行う。
・複数人が使うことを前提とした共有デバイスと、個人で使うパーソナルデバイスを区別して管理できる。
・組織、部屋などのグループ単位で管理ができる。
・プライベートスキル機能で、自社専用スキルなどが利用できる。
・他社サービスとの連携。会議システム、スケジュール管理システムなどはサードパーティーのシステムと連動可能。


ビジネス利用例


音声会議、ビデオ会議、オフィス周辺の道案内、空いている会議室の検索、ビル設備の問題の報告、新しい備品の注文などいくつかの利用例が紹介されている。無論、今後さまざまなプライベートスキルで各導入企業のニーズに合った使い方に進化していくだろう。


利用料金・利用開始時期

共有デバイスは1台当たり月額7ドル、パーソナルデバイスは1ユーザー当たり月額3ドルとなっている。

利用開始時期についてはアメリカでは既に提供開始。日本への展開は現時点では未発表だ。


「Alexa for Business Starter Kit」

今回の発表に合わせて「Alexa for Business Starter Kit」も販売開始となった。Amazon Echo 3台、Echo Dot 2台、Echo Show 2台、合計7台のセットが通常819.93ドルのところ709ドルと割引価格で販売されている。




日本展開含めてまたアップデートあればお伝えしていくので引き続きご注目を。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。