Amazon Echo Look、「Vogue」と「GQ」のコンテンツ配信へ

2018年2月19日よりVogueとGQがAmazon Echo Lookユーザーに向けてコンテンツの配信をテストするとDIGIDAYが報じた。


Amazon Echo Lookはカメラを搭載しているが、ディスプレイを搭載したデバイスではない。そこにどうやってコンテンツを配信するのかというと、Echo Look専用のスマートフォンアプリを使うという。





Amazon Echoファミリーは基本的に共通の「Alexaアプリ」を使うのだが、Echo Lookのみ特別な「Echo Lookアプリ」を利用する。本体に搭載されたカメラで撮影したセルフィーを確認したり、ファッションチェックをしたりするための機能が必要なため、専用アプリとなっている。



Image: DIGIDAY

今回このEcho Look専用アプリのホーム画面に「Vogue」と「GQ」の雑誌コンテンツが表示されるという。

テストとしてコンテンツは週1更新を予定しており、今後アプリ上でのコンテンツがうまく機能することがわかれば、Echo Look専用コンテンツを作る可能性もあるという。



なおEcho Lookは2017年4月より米国で招待制で販売開始となったが、未だに招待制が続いている。実機レポートはこちらをどうぞ。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。