小田急電鉄がロボホンを期間限定で導入! ポイントカードの入会案内を担当

小田急電鉄株式会社が運営する商業施設『新宿ミロード』4階・OPカード特設入会カウンターでは、本日から4月30日(月・祝)までの期間限定で、シャープのモバイル型コミュニケーションロボット「ロボホン」がOPカード(小田急ポイントカード)の入会案内を行っている。

「ロボホン」による入会案内は、トランス・コスモスが提供するアプリケーション「ロボティクスマーケティング for ロボホン」を使用しているという。「先端技術の活用により、OPカードのサービス内容などをより楽しく、分かりやすくご案内します」と小田急電鉄は述べている。

この『ロボホン』を活用することで、幅広い層の集客と、新規入会者数の増加を目指し、今後はコンテンツの拡充によるさらなるコミュニケーションの深化や、ご案内業務の効率化などの検討を進めていく。

小田急電鉄は過去にも新宿駅でPepperが英語・中国語対応で箱根を案内するなど、ロボットの活用実験を積極的に行なっている。

ロボホンによる入会案内の詳細

1.設置場所 新宿ミロード 4階 OPカード特設入会カウンター(住所:東京都新宿区西新宿1-1-3)
2.設置数 1体
3.設置期間 2018年4月30日(月・祝)まで

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。