Amazon AlexaとGoogleアシスタント対応家電を短期間で開発できる「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」!アプリックス

IoT製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックスは、スマートスピーカーを使って日本語の音声で家電を操作するための「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」の提供を開始した。

同社は、2016年秋に発売された米国Guardian Technologies LLC製空気清浄機に対し、Amazon AlexaとGoogle アシスタントの対応を行なった他、「Amazon Alexa 対応家電向けIoTソリューション」の提供を開始しており、家電対応実績に基づいて培った経験やノウハウを有している。

今回のサービスでは、AIアシスタント対応に必要となるIoTモジュール、アプリケーション、クラウドサービスなどを一式まとめて提供することができることに加え、Amazon AlexaとGoogleアシスタントの両方に対応可能という強みを活かして、日本の家電メーカーなどに積極的に提案していく予定だ。





「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」とは

同社が提供する「AIアシスタント対応家電開発支援サービス」は、コンサルティング、開発支援または受託、IoTモジュールの提供などを通じて、ユーザーの家電をスマートスピーカーで操作できるようにするサービスだ。


アプリックス提供箇所の構成イメージ図

AIアシスタントとの連携、アプリックスのクラウドサービス、IoTモジュール、スマホアプリの提供ができる。これらをワンストップで提供することにより、開発期間の短縮や費用の削減を可能にした。また図に示す箇所のほかにも、コンサルティング、各種テスト、販売後の運用・保守なども対応できる。(※クリックで拡大)



2種類のAIアシスタントに対応

Amazon AlexaとGoogleアシスタントの両方、またはどちらかのAIアシスタントに対応可能。現在、日本語と英語に対応している。(多言語については別途相談)


カスタマイズや家電以外への対応も可能

AIアシスタントとの連携に必須になるアドオンプログラム「Alexaスキル」や「Assistant App」の開発部分のみなど、一部だけをアプリックスが担当することも可能。またIoTモジュールを必要としないWebサービスのAIアシスタント対応や、アプリックス製以外のIoTモジュールを使う家電開発案件などの受託もできる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム