ロシア検索大手YandexがAI音声アシスタントAlice搭載のスマートスピーカー「Yandex.Station」を発表。

2018年5月29日、ロシアのYandexがロシア語のAI音声アシスタント「Alice」を搭載したスマートスピーカー「Yandex.Station」を自社ブログで発表した。



今回発表された「Yandex.Station」は、ロシア市場向けの最初のスマートスピーカーだという。

また単なるスピーカーではなく、フルビデオストリーミング機能を持つことも特徴になっている。HDMI出力を搭載しておりTVに繋いでおけば、Aliceに音声で指示することで、様々な映像コンテンツをTVで再生することができる。





Yandex.StationとAliceを拡張するためのスキルプラットフォーム「Yandex.Dialogues」も同時に発表された。Alice向けのスキルを簡単に作成できるように設計されているという。3ヶ月間のベータテスト期間中に数百の開発者が実際に対話スキルを構築したという。




今年の夏に発売予定となっている。気になる価格だが、9,990ロシアルーブル(およそ160ドル、17,250円)と、Amazon EchoやGoogle Homeに比べて若干高い。

Yandex.Stationのオーナーは「Yandex.Plus」と呼ぶ月額169ロシアルーブル(2.75ドル)の有料サービスが1年間無料になる。Yandex.Plusの加入者は音楽ストリーミングサービスのYandex.Musicなどが利用可能になったり、買い物時の送料が無料になるなどAmazon Primeに似たイメージとなっている。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム