ヤマハ発動機が夏休み特別イベント 親子で楽しめる「モノづくり体験イベント」を開催 7月26日より

ヤマハ発動機株式会社の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」では、2003年より子どもたちの休みに合わせ、親子で気軽に参加できる様々なイベントを開催しており、今年も7月26日(木)~8月29日(水)の夏休み期間中に小・中学生を対象にモノづくりの楽しさを体験できる無料特別イベントを開催する。





親子で楽しめる工場見学&体験教室開催概要

モーターサイクル組立工場またはコミュニケーションプラザの見学とともに、「親子エンジン分解・組 立教室」「親子ボート工作教室」「親子手作りバッグ教室」といった体験教室にて、教材を使い楽しく実験・実習を行う。参加費は無料。

▼ イベント詳細

開催内容 1、モーターサイクル組立工場またはコミュニケーションプラザ見学
2、体験教室
・親子エンジン分解、組立教室:本物のエンジンを分解し組み立てる
・親子モーター工作教室:電気自動車を作りながら、モーターの仕組みを学ぶ
・親子ボート工作教室:ボートを作りながら物が浮く不思議を学ぶ
・親子手作りバッグ教室:紙でオリジナルバッグを制作する
開催日 7月26日(木)・27 日(金)・31日(火)、8月1日(水)・2日(木)・8日(水)・9日(木)21日(火)・22日(水)・23日(木)・28日(火)・29日(水)
※開催日によって見学コースと体験教室の内容が異なるため事前確認の必要あり
開催時間 午前の部 10:00〜工場見学 11:00〜体験教室
午後の部 13:30〜工場見学 14:30〜体験教室
※所要時間は見学コースと体験教室の内容により、2時間~2時間半程度
開催場所 コミュニケーションプラザ(ヤマハ発動機株式会社本社敷地内)
対象・定員 小・中学生と保護者(1グループ 1名以上の保護者が同伴)
各回10組 20名程度
申し込み方法 コミュニケーションプラザへ事前に電話・FAX で申し込みを行う
【ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ】
TEL.0538-33-2520 、FAX.0538-33-2530




ヤマハ・ヤマハ発動機共催 子ども向け「ものづくり教室」

また、ヤマハ発動機株式会社とヤマハ株式会社は、地域における社会貢献活動として、夏休み期間中、両社の事業に関する製品(楽器・乗り物)をテーマとした子ども向け「ものづくり教室」を8月3日(金)に共同開催する。

▼ 実施概要

名称 子ども向け「ものづくり教室」
日時 2018年8月3日(金) 午前の部9:15~11:30 午後の部13:15~15:30
会場 ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ
募集内容 1、「モーター工作教室」(定員20名/回)
モーターの仕組みや性能を学び、実験で確認したあと、モーターカーを工作し、完成したモーターカーでレースを楽しむ。(主催:ヤマハ発動機)
2、「♪親指ピアノ『カリンバ』を作ろう」(定員20名/回)
楽器の製造工程で出てきた端材・廃材を利用して、アフリカの民族楽器「カリンバ」を作りながら音が鳴るしくみを学び、最後に合奏をする。(主催:ヤマハ)

▼ 募集要項

申込期間 2018年7月3日(火)~7月12日(木)
申込方法 申し込み期間中に、下記まで電話またはFaxで連絡。
※応募者多数の場合は、抽選。当選者には7月17日~19日に連絡。
申込先 ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ
◇Tel:0538-33-2520(受付時間 平日 9:00~17:00)
◇Fax:0538-33-2530(参加希望講座名、時間帯、名前、学年、連絡先を記入)
参加資格 小学生

モーター工作教室

♪親指ピアノ「カリンバ」を作ろう

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム