自動運転タクシーの営業実証実験を公道でスタート! 大手町-六本木間が片道1500円。ZMPと日の丸交通、三菱地所と森ビル

自動運転車両を用いたタクシーが利用者を乗せて公道にて営業走行するという取り組みが行われる。プレスリリースによれば世界初の試みとのこと。

自動運転技術開発用プラットフォームの開発・販売などを行う株式会社ZMPと日の丸交通株式会社は、2018年8月27日より、自動運転車両を用いたタクシーサービスの公道営業実証実験をスタートすると発表した。同実証実験の意義に賛同した三菱地所株式会社と森ビル株式会社により、都心部における展開を実現すべく、両社の運営する施設を発着地として提供。

公募による利用者が乗車した自動運転車両を用いたタクシーが、8月27日から9月8日まで、大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都 港区)を結ぶ約 5.3kmを走行する。なお、利用料金は片道1,500 円(税込・予定)、利用者は一般公募となっており、抽選のうえ予約可能者を決定する。

走行予定エリア (地図出典:国土地理院ウェブサイト https://maps.gsi.go.jp/


同実証実験の概要

ZMPの開発した自動運転車両と予約システムを用いて、日の丸交通が公道におけるタクシーサービスを実施するもので、実験の区間は大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都 港区)を結ぶ約 5.3kmを予定。実験期間は2018年8月27日~9月8日で、利用者(実験参加者)は広く一般から募り、専用サイトにて公募を行っている。

また、同実証実験は、自動運転技術の実用化を一層加速するために東京都が本年度より開始した支援事業『自動運転技術 を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、国と東京都が共同で設置する『東京自動走行ワンス トップセンター』の支援を受けて実施される。

▼同実証実験の詳細

日時 2018年8月27日(月)~ 9月8日(土)9:00~17:00(予定)
※9月2日(日)を除く。※天候や交通状況等により運行中止の可能性あり。
実験経路 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ~六本木ヒルズ間(約 5.3km)のルート
※大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(住所:東京都千代田区大手町 1-9-2)
※六本木ヒルズ(住所:東京都港区六本木 6-10-1)
運行車両 ミニバンタイプ1台(センサー・PC を取り付けた自動運転実験車両)
運行回数 1日4往復(予定)
料金 片道 1,500 円(税込・予定)
主催 日の丸交通株式会社、株式会社 ZMP
協賛、協力 三菱地所株式会社、森ビル株式会社
参加申込 申込ウェブサイトより https://www.zmp.co.jp/aidelitaxi
申込期間 2018年7月18日(水) 11時30分 ~ 7月31日(火) 18時00分
利用方法 ウェブより申し込み後、抽選により予約可能者を決定。予約可能者はスマートフォンで予約を行い、利用日当日に発車地にて乗車・到着後決済し降車となる。
その他 ※運行回数に限りがあるため、当選した人すべてが希望の利用日時に乗車できるとは限りません。
※同実証実験は、車線変更や右左折、停止等をすべてシステムが自動で操作を行いますが、交通状況等により人が介入する場合があります。

使用する自動運転車両「RoboCar MiniVan」(イメージ)




各社の概要と取り組み

ZMPと日の丸交通は、自動運転タクシーサービスの商用化を実現することで、交通混雑解消や環境負 荷の低減を目指すだけでなく、交通弱者のサポートや慢性的なドライバー不足の解決も狙うとしている。

また、三菱地所と森ビルは、総合ディベロッパーとして、未来の都市のあり方を提案すべく、最先端の研究機 関や大学、企業と連携し、街を舞台に様々な共同研究や実証実験に取り組んでいる。今回は、その一環として新しい都市交通インフラの整備を目指す同実験に協力し、国際都市・東京のさらなる機能向上を目指すと述べている。


株式会社ZMP

「Robot of Everything 人が運転するあらゆる機械を自動化し、安全で、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、ADAS・自動運転開発用プラットフォーム RoboCarシリーズ、データ計測サービス RoboTest、物流支援ロボット CarriRoなどを開発・販売。2014年より公道での自動運転実証実験を開始し、2017年 12月には全国初となる運転席にドライバーが乗車していない状態での公道実証実験を実施。2020年の自動タクシー実現を目指し、技術及びサービスの実証実験を重ねている。




三菱地所株式会社

丸の内エリアを先端技術・テクノロジーを活用した実証実験の場として提供し、街づくりにおける先進技術の有用性や実用のハードルについて検証を行ってきた同社は、これらの取り組みを「Marunouchi UrbanTech Voyager」と総称し、先端技術・テクノロジーについて、街づくりにおける有用性や実用ハードルについて検証を行うことに加え、大学やスタートアップ企業等と連携を深め、AI・IoT・ロボティクス分野を中心に調査・研究することで、将来の街への技術導入、エリア機能の向上を目指すとしている。
なお、同社において今回の実証実験も「Marunouchi UrbanTech Voyager」の一環として行われている。



森ビル株式会社

同社は、日本初の AI 自動走行宅配ロボットの実証実験(六本 木ヒルズ/2017)や、都市とライフスタイルの未来を考える国際会議「Innovative City Forum」(六本木 ヒルズ・虎ノ門ヒルズ/2013 年~毎年開催)など、多様な都市機能を備えた「ヒルズ」を舞台に様々な展開を行っている。また、MIT(マ サチューセッツ工科大学)メディアラボ等、最先端の研究機関や大学、企業とも連携しており、これからも様々な共同研究や 実証実験に取り組みながら、「未来の都市のあり方」を提案し続けていくと述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム