LINE Clova WAVEがファームウェアアップデートで機能追加・機能改善

2018年7月26日、LINE Clovaアプリ(1.8.0)のリリースに伴い、Clova WAVEファームウェアがアップデートされた。

若干Friends / Friends miniの方に注力しているかのように見えたLINEだったのだが、WAVEユーザーも見捨てていなかった。


ファームアップデートによる機能追加・機能改善


追加した機能
・呼び名の追加
・繰り返しアラーム
・スヌーズ(アラームが鳴っている時のみ有効)
・アクションタイマー
・アラームのキャンセル(アラーム設定後3分以内のみ有効)
・翻訳機能(外国語から日本語へ)


改善した機能
・本体ボタン操作、もしくは話しかけることで音量を15段階まで設定可能。
・アプリにてアラーム時間の変更や、曜日別の繰り返しの設定可能。
・アラームやタイマーもOFFになるスリープ状態にすることができる。
 デバイスの電源がONの状態で電源ボタンを押すとスリープ状態になり、再度電源ボタンを押すと解除される。
・アプリでClovaデバイスの初期化ができる。


音声リモコンの追加機能
Clova Friends/Friends miniに音声リモコンコマンドを話しかけることで、Clova WAVEから家電に操作信号を送れるようになった。
この機能により、外出先のClova Friends/Friends miniから、自宅にあるClova WAVEを使って家電を操作することも可能となる。



関連Facebookコミュニティ
LINE CLova fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム