英・独でAlexaの「ゲームスキルコンテスト」が開催 賞金は650万円

Amazonが新しいAlexa公式スキルコンテスト「Amazon Alexa Skills Challenge:Games」を発表した。名前の通り、Alexaの「ゲーム」スキルを構築し、その面白さや教育的な価値などが評価されるスキルコンテストだ。

グローバルなコンテストではなく、イギリス、アイルランド、ドイツ、オーストリアの開発者がターゲットだ。具体的には、Amazon.co.ukまたはAmazon.deで、Alexa Skills Storeの「ゲーム、トリビア、アクセサリ」のカテゴリに公開されたスキルが対象になる。言語は英語またはドイツ語が対象だ。

賞金総額は50,000ユーロ(約650万円)。参加賞として専用パーカーが贈られるほか、10チームのファイナリストに選出された時点で2,500ユーロ(約32万円)の賞金を受け取ることができる。グランプリには10,000ユーロ(約130万円)が贈られる。

賞金および賞品

参加賞 : 参加者全員に専用パーカーをプレゼント。
ファイナリスト賞 : 10人のファイナリストにそれぞれに2,500ユーロ。
グランプリ : ファイナリストの中から選出されたグランプリに10,000ユーロ。
ボーナス賞 : 「Echo Show/Echo Spot向けゲーム賞」、「ベストボイス賞」、「ユーザー人気ゲーム賞」、「キッズゲーム賞」、「ローカライズゲーム賞」にそれぞれ2,500ユーロ。

審査員はゲームメディア「GameStar」の編集長やUnityのエバンジェリスト、音声アプリを開発する169ラボの代表、AmazonでAlexaのヨーロッパ地区のジェネラルマネージャーが務める。

審査基準は、アイディアの質とそれが技術的に実装できているか、ユーザーエクスペリエンスなどが挙げられている。10月17日午後5時までにスキルの説明、デモビデオ、その他の情報を用意してエントリーする必要があり、その後11月1日に10人のファイナリストが発表される。グランプリ受賞者は12月7日に発表される予定だ。


Source:Alexa Skills Challenge: Games


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム