【Samsung Developer Conference2018】 サムスン、Bixby向けのSDK・APIを公開へ。対応言語も増加。

2018年11月7日、サンフランシスコで開催中のサムスンの開発者会議「Samsung Developer Conference2018 (SDC 2018)」にてBixbyの開発環境公開が発表された。2018年9月にサムスンモバイル部門のCEOの、DJ Kohが予告していた通りの展開となった。


Bixby用のソフトウェア開発キット(SDK)とアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)が公開されたことで、今後様々なBixby向けサードパーティーアプリケーションが登場するという。


また、Bixby自体の強化として、今後数カ月のうちにイギリス英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に対応することも発表された。

以下イベントのライブストリーミングが公開中となっている。



Opening Keynote /11月7日10時(日本時間11月8日3時)



Spotlight Session / 11月8日10時(日本時間11月9日3時)

今回サムスンは2020年までにAIへの投資を220億ドル、AI専門職を1,000人採用、すべての自社製デバイスにBixbyを搭載することも発表した。AmazonやGoogleとどう差別化されていくのかも引き続き注目したい。



Source:Samsung Developer Conference2018

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム