Hondaが最新ロボットを発表 研究・事業化パートナー募る

Hondaは、2019年1月8日(火)から11日(金)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催される世界最大級の家電見本市「CES 2019」に出展し、オープンイノベーションで取り組む技術を紹介するとともに、研究開発・事業化パートナーを募ると発表した。

コネクテッドカーの技術などいくつかの新たな展示が行なわれるが、注目は移動型ロボット「P.A.T.H. Bot(パスボット)」と、「Autonomous Work Vehicle」、「Honda RaaS Platform」の3つだ。それぞれ紹介していく。



移動型ロボット「パスボット」


「Predicting Action of the Human(人間の行動を予測する)」から名付けられた「P.A.T.H. Bot」は、周囲の状況を認識して、人や障害物を避けながら目的地まで最適ルートで移動するAI搭載の移動型ロボット。ロボティクスデバイスを実社会で活用するために必須となる、「人に不安を与えず、人の行きかう公共空間をスムーズに移動する機能」を搭載したロボットだ。

高さは1,050mm、重さ21.5kg、最高速度は時速6km。

公共空間で移動型ロボットの活用を検討する企業・団体をパートナーとして募集している。



自律移動車「Autonomous Work Vehicle」


「Autonomous Work Vehicle(オートノマス ワーク ビークル)」は、アタッチメントを取り付けることでさまざまな用途に活用できる、自律移動モビリティーのプラットフォーム。CES 2018に出展した「3E-D18」をベースに開発されており、CES 2018への出展をきっかけに、2018年から米国でパートナーとの実証実験を開始した。


CES2018で発表された「3E-D18」

「Autonomous Work Vehicle」はすでに米国ノースカロライナ州の大規模太陽光発電所での除草作業、カリフォルニア州のカリフォルニア大学デービス校における試験農場のモニタリング作業、コロラド州の消防隊の機材搬送や山火事など危険な場所での偵察・通信サポートという3つの実証実験を行っているという。

スペックは、全長1940mm・全幅1110mm・高さ900mm・重量350kg・最大積載量454kg・最大牽引重量590kg。

自律移動機能開発企業、屋外での自律移動モビリティー活用を検討する企業・団体をパートナーとして募集している。




「Honda RaaS Platform」


「Honda RaaS Platform(ホンダ ラース プラットフォーム)」は、データ蓄積・共有、通信制御、状態遷移、ロボット間連携などの共通機能を、API やSDKといったインターフェースやパッケージとして提供することで、ロボティクスソリューションの開発を容易にするソフトウェアプラットフォームコンセプト。

Hondaだけでなく、さまざまな開発パートナーのロボティクスデバイス、システム、アプリケーションなどを連携させることで、これまでに無い、シームレスなロボティクスサービスの実現を目指していく。

ロボティクスデバイス開発企業、ロボティクスサービスやソリューションの開発企業をパートナーとして募集している。


ロボット開発における知見と高い技術力を持つHondaが進める新たなロボット事業。パートナーに関する問い合わせは特設ページから行なうことができる。

関連サイト
CES 2019 | Honda

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム