Alexaスキル「アパマンショップ」で新生活をサポート アパマンのAIスマートルームで活用へ

Alexaのスキル開発を行う株式会社インフォネットは、Apaman Networkが実施している「AI Smart Room キャンペーン」のサービス拡充において、新たなAlexaスキル「アパマンショップ」の第1弾を開発し、4月1日よりサービスを開始したことを発表した。

「AI Smart Room」はスマートスピーカー、スマートリモコンが設備として設置された部屋で、IT技術、音声やスマートフォンとの端末連携によって、入居者の生活をより楽しく・快適にしていくことを目指す賃貸仲介の賃貸物件。インフォネットは、「AI Smart Room」のAlexaスキル『アパマンショップ』を開発し、「生活をより楽しく、快適に」というコンセプトのもと、入居者の生活の「利便性の向上、満足度向上」を目指すことを目的として、転居後に生活していく上での様々な不安を解消するAlexaスキルを随時開発している。

今回開発したAlexaスキル「アパマンショップ」第1弾は、新生活を始める方にとって忘れてしまいがちな手続き関連をサポートする「入居後手続きチェックリスト」や、何のゴミの日かを教えてくれる「今日は何のゴミの日」、より快適に過ごすための情報を1日1回教えてくれる「生活お役立ち情報」、暮らしの中で起こるトラブルの解決を助けてくれる「お困りごとサポート」の4つの機能となっている。


アパマンショップの機能4選

アパマンショップ第1弾の機能は、「入居後手続きチェックリスト」「今日は何のゴミの日」「生活お役立ち情報」「お困りごとサポート」の4つの機能となっている。各機能は、「アレクサ、アパマンショップを開いて」といった後に各機能名を言う、もしくは「アレクサ、アパマンショップでチェックリストを開いて」とつなげて言うことで利用することができる。


「入居後手続きチェックリスト」

入居後手続きチェックリストでは、新生活を始める際に必要な諸手続きについてサポートをしてくれ、終わっていない手続きをお知らせし、期日が迫ってきたら案内してくれる。また、リマインダー設定をすることで、決められた日時にリマインドをすることも可能。完了した手続きは、スキルを一度終了し、「アレクサ、やることリストを見せて」と話しかけると、やることリストの編集が行える。スキルを開くには「チェックリストを開いて」と話す。





今日は何のゴミの日

「今日は何のゴミの日」ではAlexaに「今日は何のゴミの日?」と話すと、マイページで設定したゴミ出しスケジュールで、今日や明日が何のゴミの日かを教えてくれる。また、マイページで通知設定を行えば、前日や当日にリマインドすることも可能。(隔週、日付指定のリマインダーは当月、翌月までの設定になるため、期日が来たら改めてリマインダーを設定が必要になる。)





生活お役立ち情報

生活お役立ち情報は、1日1回、マイページで設定した興味のあるジャンルに関連した生活に役立つ情報を教えてくれる。スキルを開くには「Alexa、コラムを開いて」と言う。





お困りごとサポート

お困りごとサポートでは、水回り、カギ、ガラス、ガス・給湯器、電気、建具など、設備に関するトラブルの際に「Alexa、お困りごとを開いて」と言うことで、サポートしてくれる。



インフォネットは、入居者の生活がより楽しく快適で豊かに、入居時の不安がワクワクに変わるようなAlexaスキルの開発を目指し、第2弾、第3弾と定期的なスキル拡充を行なっていくという。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム