アスラテックが運搬台車「運ん太郎」を遠隔操縦するユニットを開発 横須賀のイベントでプロトタイプを稼働展示予定

アスラテック株式会社は、前田建設工業株式会社の運搬台車「運ん太郎 LD09」(はこんだろう)を遠隔操縦できるユニットのプロトタイプ開発に技術協力したことを発表した。
通常の「運ん太郎」は後ろに人が立って操縦レバーで運転する仕組みだが、操縦レバーを遠隔で操作するユニット(プロトタイプ)を新たに開発することで遠隔からの操縦を実現した。また、この遠隔操縦ユニットは後付けで設置できるため、「運ん太郎」の本体を改造することなく、遠隔操縦に対応させることが可能という。
なお、同遠隔操縦ユニットを搭載した「運ん太郎」は、2020年2月7~8日に神奈川県横須賀市で開催されるイベント「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2020」で、一般向けに初めて公開される予定だ。展示ブースでは、来場者の方が「運ん太郎」の遠隔操縦を実際に体験し、操作性などを確かめることができる。

同社は、今後もロボット技術を活用して、さまざまな機械や装置の遠隔操作機能を提供していくと述べている。

遠隔操縦ユニット(プロトタイプ)を搭載した「運ん太郎」




「運ん太郎 LD09」について

「運ん太郎 LD09」は前田製作所が開発・販売する、重量物などの荷物を運搬できる小型の台車だ。無限軌道による油圧走行に対応しており、トラックが入れない狭所、不整地や軟弱地といった路面状況でも使用できるという特長を備えている。



遠隔操作の操作方法

操縦レバーを遠隔で操作するユニット(プロトタイプ)について
同プロトタイプ開発は株式会社前田製作所、株式会社カナモトも参画した4社共同で行われ、「運ん太郎」の遠隔操縦に向けた検証を行った。遠隔操縦は片手操作用と両手操作用の2種類の無線リモコンのいずれかで行うというもので、アスラテックのロボット制御システム「V-Sido(ブシドー)」が遠隔操縦ユニットの制御に使われている。

「運ん太郎」の遠隔操縦リモコン(片手操作用)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム