AlexaとGoogleアシスタント両対応のスマートスピーカー「Sonos Move」国内向け先行販売へ WiFiとBluetoothのモバイル対応

スマートスピーカーをはじめ、各種スピーカーやホームシアター製品をラインアップするブランド「Sonos」はスマートスピーカーの「Sonos Move」(ソノス ムーブ)を2020年3月より日本で販売開始する。この製品は2019年9月6日に発表され、すでに海外では販売展開している。海外では音声アシスタントとして、Amazon AlexaとGoogleアシスタントの両対応となっていることが話題になっているが(設定画面でどちらかを選択する)、国内販売開始時点ではAlexaのみの対応となっており、Googleアシスタントは2020年内の対応予定となっている。


同製品はSONOSブランドとしては初の充電式。極めて高い耐久性を備え、屋外使用にも対応しており、現在、3月6日からの先行販売に向けた先行予約を開始。3月20日からSonos公式サイトおよび提携のリテールネットワークにて日本全国で販売予定だ。
同社は、今回の発売を記念し、製品詳細や先行販売期間中の購入者から先着100名限定のプレゼントキャンペーン等を紹介するスペシャルサイトを開設した。



スペシャルサイト
https://www.sonos-campaign.com/move




Sonos Moveとは

Sonos Moveは、2002年の創設以来ホームオーディオを革新してきた同社が、その技術を結集し、室内用スピーカーの枠を超えて屋外でも使用できる初めてのスピーカーとして開発した製品だ。同社の従来製品は、室内での使用を前提に開発されていたが、屋外での使用を想定し、Sonosスピーカーとしては初めてBluetoothに対応したSonos Moveは、落下、衝撃、雨、湿気、埃、泥、紫外線、極度の寒暖への耐性試験をクリアし、IP56規格を取得している。また、人間工学に基づき設計されたハンドルは、スピーカの背面になじんだデザインで、持ち運びを容易にした。


WiFi環境上では、Sonosシステムと連携し、日本では50を超えるストリーミングサービス、音声アシスタント、AirPlay2などに対応し、屋外などWiFiがない場所では、Bluetoothに切り替え良質なサウンドを楽しむことが可能。フル充電で約10時間連続再生が可能で、落下や、降雨、極端な温度などへの耐性試験を繰り返し、部屋から部屋へ、家から外へ、屋内外のあらゆる環境で最高のサウンド体験を実現。屋内外問わずどこに置いても最高のサウンド体験を実現するため、Sonos独自のTrueplayチューニング機能を自動化し、スピーカーが自動的に周辺環境に合わせて最適なバランスにEQを調整。スマートに調整されるサウンド、驚くほどディープなベース音、幅広いサウンドプロフィールにより、室内での利用はもちろん、庭のすみずみまでパワフルなサウンドを届けられる。



【動画】Sonos Moveの品質テストは新たなレベルで行われました / Breaking of …. Sonos Move



Sonos Moveの製品仕様

▼ 本体

寸法 高さ240 x 幅160 x 奥行き126 mm
税抜定価 ¥46,800
製品仕上げ 本体:シャドーブラック、シャドーブラックグリル
重量 3kg(バッテリー含む)
IP規格 IP56規格を取得、ほこりや水から保護
トップパネル機能 静電容量式タッチ操作:音量の上げ下げ、前の曲/次の曲、再生/一時停止、マイクのステータス。LEDランプがステータス、マイクのステータス、音声フィードバックを示す。
プライバシー厳守 LEDインジケータライトが点灯していれば、マイクが有効になっていることを示す。
電源とネットワーク接続 充電ベース電源 入力:100-240V、50-60 Hz、1.2A; 出力:18VDC、2.5A
USB-Cによる充電 アダプターは次の出力レベルに対応している必要があります。12V/3A、15V/3A、20V/2.25A
ワイヤレス接続機能 802.11 b/g/n、2 GHz、5 GHz対応
Bluetooth 外出先ではスマートフォンなどのBluetooth対応デバイスを使用して、音楽などを再生可能。
BT 4.2、AVRCP対応 コーデックサポート:SBC、AAC
Apple AirPlay 2 Appleデバイス(iOS 11.4以降)のAirPlay 2と連携。
バッテリー/strong> -10°C~55°Cで再生。0°C~45°Cで充電。
オーディオ 2つのクラスDデジタルアンプ: スピーカードライバーと音響構造に合わせて完璧に調整されています。
1つの下方放射型ツイーター: 鮮明な高音域を生み出し、ウルトラワイドなサウンドを均等に放射します。
1つのミッドウーファー: キャビネットに組み込まれたミッドウーファーが中音域のボーカル周波数帯を忠実に再現し、深みのあるリッチなベース音を追加します。
4つの遠距離対応マイクロホンアレイ: スマート音声キャプチャとノイズキャンセリング機能を使用。
コマンドに応答するチャイム音: 音声コマンドに応答していることをお知らせします。


Sonos Move販売スケジュール
・ 3月5日まで先行予約受付中(Amazon、BEAMS一部店舗とオンラインストアのみ)
・ 3月6日〜19日先行販売(Amazon、BEAMS一部店舗とオンラインストアのみ)
 ※Beamsの一部店舗では、いち早くSonos Moveを体験できる。
・ 3月20日より全国販売開始



Sonos製品正規取扱店舗
• Amazon:https://www.amazon.co.jp/sonos
• サンワカンパニー:https://www.sanwacompany.co.jp/shop/
• 新宿高島屋:https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/
• スマート・ホーム:http://smart-homes.jp
• ビームス:https://www.beams.co.jp/search/?label=0033&q=SONOS&search=true
• 広島 エディオン蔦屋家電:https://edion-tsutaya-electrics.jp/hiroshima/
• 二子玉川 蔦屋家電:https://store.tsite.jp/futakotamagawa/
• HAY TOKYO:https://www.welcome.jp/brands/hay
※取扱状況及び販売開始時期は、上記取り扱い店舗により異なる。


関連サイト
Sonos公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム