ZMPの自動運転バス「RoboCar Mini EV Bus」消毒液を散布する機能を追加 定時に手すりや座席、床等に消毒液を自動噴霧

株式会社ZMPは、自動運転プラットフォーム「RoboCar」シリーズのRoboCar Mini EV Busに消毒液散布オプションを提供することを発表した。ZMPは利用者に安全・安心を提供する自律移動プラットフォームを今後も提供していくとしている。

参考:中部国際空港での、自動運転の実証実験(冒頭の写真も)

RoboCar Mini EV BusはクラウドシステムROBO-HI(ロボハイ)と連携しており、遠隔に設置したROBO-HIステーションから走行のスケジューリングや車両の監視、ドア開閉などの指示を与えることが可能。今回の消毒液散布オプションも、ROBO-HIを通して散布指示やスケジューリング時に自動散布設定が行えるようになる。



走行終了時など決められた時間に消毒液を自動噴霧

昨今の国内情勢を受け、空港や商業施設などではなるべく人を介在しないサービスの提供や都度空間の消毒を行うことが求められている。一方で消毒作業については作業者不足や作業者による二次感染の可能性など、人手による作業には課題やリスクが存在する。そこで、ZMPはRoboCar Mini EV Busで自動運転での人員輸送サービスを支援すると共に、走行終了時など決められた時間に、乗客の手が触れる手すりや座席、および床や壁面に消毒液を自動噴霧するオプション機能を提供する。

RoboCar Mini EV Busは中国のANFUI ANKAI AUTOMOBILE社製の小型EVバスをベースに、ユーザーが外部装置(PCや専用装置)より制御信号を入れることで制御ができるようにZMPの制御装置を組み込んだ自動運転用の車両装置。ZMPが開発する自動運転コンピューターIZACを搭載し、人員輸送や荷物輸送の無人化にむけたサービスの構築に活用できる。

RoboCar Mini EV BusはクラウドシステムROBO-HI(ロボハイ)と連携しており、遠隔に設置したROBO-HIステーションから走行のスケジューリングや車両の監視、ドア開閉などの指示を与えることが可能。

参考:遠隔監視システムと連携

今回の消毒液散布オプションも、ROBO-HIを通して散布指示やスケジューリング時に自動散布設定が行えるようになるという。


RoboCar Mini EV BusとクラウドシステムROBO-HI(ロボハイ)の連携イメージ

ZMPは空港をはじめ、工場などの構内巡回バスやリゾート地区での移動バスなど、私有地での自動運転サービスに消毒液散布オプションを展開し、サービス事業者に提供していく。

■RoboCar Mini EV Bus の仕様
・使用車両:ZMP製 RoboCar Mini EV Bus (ベースのEVバスはANFUI ANKAI AUTOMOBILE社製)
・乗車定員: 11名(ドライバー席含む)
・全長×全幅×全高: 6.61m/2.32m/2.87m
・車両重量: 8,320kg
・ハンドル有無: 有
・最高速度: 69km/h
・満充電走行距離: 60~80km(A/C off 時)
・充電時間: 約60分
・自動運転の方式: 自律型(インフラに手を加えずに自動運転)
・基本機能: 自己位置推定、障害物認識、車両制御マニュアルモード・自動制御モード切替 等

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム