ソニー、ドコモ、エムスリーが新型コロナ対策で協業へ 医療・患者向けにICT・IoTを活用 入院患者に家族とのVR面会を

NTTドコモとエムスリー、ソニーは、医療機関や患者向けにICTやIoTを活用したソリューション開発において協業の検討を開始した。

現在、新型コロナ感染症拡大の影響で、約9割の医療機関が入院患者との面会を制限しているとされている(エムスリー調べ)。そのため、患者は家族や友人と直接会うことが困難な状況にある。
また、医療現場においても、患者との接触回数の軽減を行いながらも、健康状態のモニタリングや必要な医療の提供を行う必要があり、ICTやIoTを活用して、遠隔からのケアがより一層求められている。

こうした状況から、通信事業を展開するドコモ、医療領域でのIT活用を推進してきたエムスリー、IoTやVR・ARに関する技術を持つソニーが共同で、医療領域における課題に対して、ICTやIoTを活用した協業に向けて検討していく。


病室にいても仮想空間で外出したり、家族と面会

第1弾として、VR・ARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルを開始する。
具体的には、病室でVRゴーグルをかけると、周囲に360度の旅行映像が浮かび上がり、外出しているような感覚を味わえるプログラムや、ARで仮想のキャラクターとインタラクティブなコミュニケーションが取れるレクリエーションプログラムの開発と実践を検討していく。

さらに、感染防止のため直接家族と会うことできない状況でも、撮影した家族の映像をリアルタイムで VRゴ ーグルに映し出すことにより、家族などと一緒にいるような感覚を味わえるバーチャル面会システムの検討も行う。本取り組みは、千葉県千葉リハビリテーションセンターでのトライアルから開始する予定。

なお、今後は、患者のQOL向上に加えて、医療現場での ICT・IoT の活用という観点で、新型コロナウイルス感染患者の遠隔問診やモニタリング、遠隔での患者家族向けの治療説明やインフォームド・コンセント、遠隔でのセカンドオピニオンの実現など、医師と患者のコミュニケーションへの活用も視野に、幅広い課題解決を検討していく予定だ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム