アイリスオーヤマ「顔認証型AIサーマルカメラ」個人認証と発熱者検知を同時に実行 検知速度0.2秒、顔認証精度99%

アイリスオーヤマは新型コロナウイルス感染拡大防止対策として活用できる「AIサーマルカメラ」シリーズに、個人認証と発熱者検知が同時にできる「顔認証型AIサーマルカメラ」を新たにラインアップし、2020年7月1日より発売することを発表した。価格は25万円(税抜)。


高い温度や事前登録していない個人が検出された場合に通知

「顔認証型AIサーマルカメラ」はAIアルゴリズムを搭載し、事前設定よりも高い温度や事前登録していない個人を検出した場合に画像と音声アラートにより即座に通知する。アイリスオーヤマによると検知速度は0.2秒、顔認証精度は99%と業界最高クラスを実現している。製品サイズはW116.5×D36.7×H282.8mm。同製品は壁に固定するか、スタンドに取り付ける。顔最大登録人数は5万人。


ICカード(Mifare)と連携することが可能。ドアの電気錠と連携することで、入退室管理に使用できる。

マスク着用者のみ入場を許可するマスク着用強制モードや出退勤登録できる勤怠モードを搭載し、オフィスフロアや施設の従業員出入り口での勤怠管理にも使用できる。また、顔認証無しモードも搭載しているため、クリニックや飲食店、受付カウンターなど顔認証が不要なシーンでも使用できる。




販売台数は当初計画の約2倍で推移

アイリスオーヤマはこれまで新型コロナウイルスへの対応として、中国の大連工場と蘇州工場の2拠点において24時間フル稼働でのマスク生産に加え、日本国内に生産設備を導入するなど、市中で入手が困難なマスクの安定供給体制を構築している。また、4月にはAIカメラソリューション事業に参入し第一弾として「AIサーマルカメラ」2機種を発売。人が多く集まる施設内での感染や集団(クラスター)感染のリスクを低減できる設備の充実を推進している。


「AIサーマルカメラ」シリーズに「顔認証型AIサーマルカメラ」が新たにラインナップ

日本全国での緊急事態宣言の解除により、商業施設やスポーツ観戦などのイベントも徐々に再開している。また、感染対策としてテレワークなどの活用が進む一方、オフィスへの通勤者数は増加している。同社によると4月より販売するAIサーマルカメラは非接触で発熱者を検出できる機能が評価され、新型コロナウイルス感染予防対策を踏まえた施設運営が喫緊の課題となっている様々な施設からの需要が拡大し、販売台数は当初計画の約2倍で推移している。

同社は今後も、アイリスグループの総合力を活かし、AIサーマルカメラのソリューションを提案することで、新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援していく。


「顔認証型AIサーマルカメラ」 3つの特長



1.業界最高クラスの検知スピードと顔認証精度

AIアルゴリズムを搭載し、顔認証による個人特定に加え発熱者を検知できる。同社によると検知速度、顔認証精度はいずれも業界最高クラス(顔認証型AIサーマルカメラにおいて)の0.2秒、99%を実現している。また、温度測定の誤差は±0.5度と高精度で、事前設定よりも高い温度や事前登録していない個人が検出された場合には画像と音声アラートにより即座に通知する。





2.多様な認証モードを搭載

マスク着用者のみ入場を許可するマスク着用強制モードや出退勤登録できる勤怠モードを搭載し、オフィスフロアや施設の従業員出入り口での勤怠管理にも使用できる。顔認証無しモードも搭載しているため、クリニックや飲食店、受付カウンターなど顔認証が不要なシーンでも使用できる。





3.「3Dモデリング」で不正入室を防止

高いセキュリティを実現するデュアルレンズを採用。3Dモデリングにより顔写真などでの不正入室を防止する。


その他の特長

・ドアの電気錠と連携することで、入退室管理に使用できる。
・ICカード(Mifare)と連携することが可能。



顔認証型AIサーマルカメラ仕様
商品名 顔認証型AIサーマルカメラ
仕様 測定誤差:±0.5℃
測定温度範囲:30~45℃
動作環境温度:10~35℃
測定距離 推奨0.3~2m
認証スピード 0.2秒
顔最大登録人数 50,000人
最大カード登録枚数 50,000枚
製品サイズ W116.5×D36.7×H282.8mm
取付方法 壁固定、スタンド取り付け
製品価格 250,000円(税抜)

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム