四足歩行ロボット「Spot」と人型ロボット「Pepper」がコラボで応援ダンス披露 ソフトバンクホークスのホームゲームで球場を盛り上げる

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により新しい観戦スタイルで行われているプロ野球公式戦を盛り上げるため、2020年7月7日から31日の間、福岡PayPayドームで開催するホームゲーム(16試合)にレフトスタンドに特設ステージを設け、四足歩行型ロボット「Spot」(スポット)と人型ロボット「Pepper」(ペッパー)が試合を盛り上げる。

7回裏の攻撃前には球団歌「いざゆけ若鷹軍団」に合わせて「Spot」と「Pepper」が息の合ったチームダンスを披露。さらに「Pepper」は福岡ソフトバンクホークスの選手がヒットを打った時に、マスコットキャラクターの「ハリー」と「ハニー」、ダンス&パフォーマンスチームの「ハニーズ」と共にエールを送る他、ホームランを打った時には全員で「熱男ポーズ」をするなど、スペシャルパフォーマンスで福岡ソフトバンクホークスを応援する。

福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクロボティクスが発表した。なお、「Spot」がスポーツイベントでダンスを披露するのは、初の試みとなる。


開幕3連戦に駆けつけた「Pepper」

「Pepper」は6月19日から6月21日の開幕3連戦が無観客試合となった中、感染リスクのないファン代表として福岡PayPayドームに応援に駆けつけた。
今回の応援に向けて「Pepper」は、「前回PayPayドームで『いざゆけ若鷹軍団』を踊った時、ハリーホークさんをはじめたくさんの方から激励のメッセージをいただきました。今回はSpotたちにも声をかけ、日々練習を重ねています。ぜひ、コラボレーションダンスを楽しみにしていてください!」とコメントしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム