ダイヘンの溶接現場向け協働ロボット「Welbee Co-R」が「UR+」製品に認証 中小現場の人手不足解消と自動化を支援

ユニバーサルロボット(以下、UR)は株式会社ダイヘンが開発・製造する、溶接現場向けに特化した協働ロボットシステム「Welbee Co-R」(ウェルビー コアール:Welbee Collaborative Robot system)をユニバーサルロボット製協働ロボット(以下、URロボット)の周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証したことを発表した。


セットアップのしやすさ、使いやすさを特長とするダイヘンの「Welbee Co-R」は、日本の溶接機メーカーでは初のUR+認証製品となり、2020年8月より販売が開始される。

Welbee Co-Rの全体図

トーチマウントの写真

Welbee Co-Rの特徴は、下記のとおり。

・ロボットアームの直接操作による簡単教示
アームを直接手で掴み、動かして動作を覚えさせる教示手法「ダイレクトティーチング」により、初心者でも簡単に教示作業を行える。


・リアルタイムで溶接条件調整が可能
半自動溶接機用のリモコンにより、稼働中であってもリアルタイムでアークの確認と溶接条件の調整が可能。また、熟練溶接技能者が新人溶接工へアークの細やかな変化を都度その場で伝えることで、溶接のノウハウを教える技能伝授ツールとしても活用できる。


・簡単にプログラム作成が可能
溶接条件を設定する画面は1ページに必要な機能を集約し、初心者でも直感的に使えるユーザインターフェースを採用。ボタンクリックで溶接プログラムの基礎となる10個のコマンド(溶接開始指示、溶接開始位置、溶接終了位置など)と各コマンドの説明が表示され、初めてでも取扱説明書なしで簡単にプログラムの作成が可能。



中小規模の導入障壁を解消した「Welbee Co-R」

溶接業界では、人手不足の解消施策としてロボットによる自動化が加速する一方で、中小規模の工場においては、「設置スペースの確保」「ロボット操作のスペシャリスト育成」「安全対策にかかるコスト」などがロボット導入の障壁となっていた。

これらの課題に対してダイヘンは、「ロボット専用スペース不要」「プログラム作成が容易で誰でも簡単操作」「安全柵が不要で既存ラインに導入可能」など、導入障壁を解消する解決策として、独自の溶接ノウハウを凝縮した「簡単な溶接教示」搭載の溶接現場向け協業ロボットシステム「Welbee Co-R」を開発した。



ユニバーサルロボット日本支社代表 山根 剛氏は、次のように述べている。

「溶接業界のリーディングカンパニーであるダイヘンの溶接現場向け協働ロボットシステムを、UR+製品として認証することは大きな喜びです。人手不足に悩む中小規模の溶接現場において、ロボット導入の障壁を取り払い、深刻化する人手不足の解決に寄与すると共に、協働ロボットという新しいソリューションの提供を通して市場の開拓に弾みをつけてくれることを期待します」


株式会社ダイヘンについて

ダイヘンは1919年の創立以来、変圧器に始まり溶接機、産業用ロボット、半導体製造装置用高周波電源、ワイヤレス充電システムなど、社会が必要とする製品の開発に取り組み、くらしの基盤となる電力インフラの高度化や世界のものづくりの進化・発展に貢献してきた。近年は、社会的課題解決に寄与するエネルギーマネジメント製品やEV向けワイヤレス充電システム、工場の人手不足に対応したロボットアプリケーションの拡充、世界初の異材接合技術など、最先端の技術で世の中の役に立つ製品を創出している。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム