【日本初】大型バスによる遠隔監視・操作での自動運転を実施 I・TOP横浜「路線バス自動運転プロジェクト」

運転席が無人の大型バスが敷地内の道路を遠隔操縦で走った。

横浜市と相鉄バス(株)、群馬大学は、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I-TOP横浜」の取り組みとして、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、令和元年9月に「路線バス自動運転プロジェクト」を立ち上げた。そして今回、群馬大学発ベンチャー企業である日本モビリティ(株)も加わった。

このプロジェクトの一環として、2020年7月27日に相鉄バスの旭営業所内、29日によこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口を結ぶ約900mで、相鉄バスと群馬大学が実施する共同研究に、日本モビリティも開発協力を行って、大型バスによる運転席が無人、遠隔監視・操作での自動運転の実証実験を行った。(横浜市によればこれは日本初となる)


実証実験の概要

1.相鉄バス旭営業所での実証実験

日時:令和2年7月27日(月)
コース:相鉄バス 旭営業所内の周回コース
   (約290mを最高時速10kmで走行)
自動運転:「運転席無人」「遠隔地に運転士」


2.よこはま動物園周辺での実証実験

日時:令和2年7月29日(水)
コース:よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間
   (約900mを最高時速20kmで走行)
自動運転:「運転席無人」「遠隔地に運転士」


自動運転「レベル4」による営業運転を目指す

2020年度内には2回目となる営業運行での実証実験を「遠隔監視・操作システム」で予定(時期・場所は未定)するなど、今後もさまざまな実証実験やそれによる社会受容性の向上、公共交通機関網強化の可能性を検証し、自動運転「レベル4」による営業運転を目指す。

横浜市では、本プロジェクトの取組みを通じて、オープンイノベーションにより中小企業やベンチャー企業等の参画を促し、「イノベーション都市・横浜」を推進する。


路線バス自動運転プロジェクトとは

2019年9月、横浜市と相鉄バス(株)、群馬大学は、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I▫TOP横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を立ち上げた。

前回は、令和元年9月14日から10月14日まで、大型バスを使用した営業運行(里山ガーデンフェスタ実行委員会より受託し、貸し切り営業として運行)で自動運転の実証実験を実施し、16日間で4,907人が乗車体験した。

今回、群馬大学発ベンチャーである日本モビリティ(株)も加わり、引き続き郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指す。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム