MaaSのシステム開発に活用するAPIを提供「MONETマーケットプレイス」開始 天気予報、るるぶ、地図、決済APIなどのAPI公開

MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、以下、MONET)は、企業や自治体によるMaaS(Mobility as a Service)の実現を支援することを目的に、MaaSのシステム開発に活用できる天気・観光・地図情報などのさまざまなデータやオンデマンドバスのシステム、決済システムなどのAPIを提供する「MONETマーケットプレイス」を2020年9月28日から正式にオープンすることを発表した(下の画像はMONETマーケットプレイスより引用)。


MONETは「MONETコンソーシアム」に加盟しているシステム開発などを行う企業を対象に、4月から「MONETマーケットプレイス」を試験的に利用してもらい、正式オープンに向けた準備をしてきた。今回の正式オープンにより、一般の企業が「MONETマーケットプレイス」を利用できるようになる他、「MONETマーケットプレイス」にAPIを提供する企業を募集する。


MaaSのシステム開発用に各種APIを提供

「MONETマーケットプレイス」は企業や自治体のMaaSの実現を包括的に支援するプラットフォーム「MONETプラットフォーム」の一部として提供するもの。「MONETプラットフォーム」は車両データや移動データなどを集約するデータ基盤と「MONETマーケットプレイス」で構成される。



<9月28日から提供するAPI>
・決済(提供:MONET)
SBペイメントサービス株式会社のオンライン決済サービスを利用して、クレジットカードとPayPay(オンライン決済)での決済が可能。

・チケット(提供:MONET)
予約情報や決済情報を基に、乗車券や入場券として利用できるQRコードを発行できる。

・天気予報 API(提供:株式会社ウェザーニューズ)
全国(1kmメッシュ)の天気予報を1時間ごとに取得できるAPIと、指定した場所の最寄りの観測地点における過去の観測データを2008年までさかのぼって取得できるAPIを提供。

・るるぶDATA API(提供:株式会社JTBパブリッシング)
旅行情報誌『るるぶ情報版』などに掲載されている全国の観光スポット情報やイベント情報、温泉地情報、観光視点で区切った全国のエリア区分の情報を取得できるAPIを提供。

・いつもNAVI API(提供:株式会社ゼンリンデータコム)
多彩な地図・位置情報サービスをウェブサイトやスマホアプリなどに実装するための開発ツールがセットになった、エンタープライズ向けサービス。

・Loogia(提供:株式会社オプティマインド)
過去の走行データを活用してラストワンマイルにおける最適な配送ルートを計算する、配送および輸送事業者向けのAPIを提供。


<今後提供が決まっているAPI>
・オンデマンドバス(提供:MONET、2020年度内に提供開始予定)
オンデマンドバスの運行に必要な予約や運行管理などのAPIを、まとめて提供する。

・iTrust本人確認サービスAPI(提供:サイバートラスト株式会社)
マイナンバーカードと公的個人認証サービスの活用により、犯罪収益移転防止法に対応したオンラインでの本人確認や現況確認を実現するサービス。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム