等身大アイドルロボット「高坂ここな」と遊ぶ 近未来のハロウィン・イベント開催 吉祥寺パルコで

コロナ禍で、WEB ショップが台頭を示す中、リアル店舗における役割・必要性である“リアルな体験”と“実際に感じるワクワク感”を見直すため、等身大アイドルロボット『高坂ここな』がダンスを披露したり、おしゃべりしたり、ハロウィンのお菓子を配ったりなど、来店客と交流するイベントが開催される。
場所は、吉祥寺パルコ 正面入り口 横・特設会場。日時は2020年10月30日(金)から11月1日(日)。


吉祥寺パルコはリリースを通じて次のように語っている。

吉祥寺パルコ

今年は、街のお祭りやイベントの大半が中止になった中、吉祥寺で毎年パレードなど盛り上がりを見せる ハロウィンに合わせ、「リアルなワクワク感のある体験がしたい!!でも、実際ソーシャルディスタンスが 叫ばれている中、人と接するのは少し気になる。」といった声に耳を傾けた際にひらめいたのが、「人に接するのが難しいなら、ロボットを使ったイベントを開こう!」という案でした。イベントで使用できるロボットを探したところ、同じ吉祥寺の企業「スピーシーズ株式会社」の等身大アイドルロボット『高坂ここな』と出会いました。 等身大の美しい佇まいで、スムースな動きが国内外から大注目のアイドルロボットです。ハロウィンの週末、吉祥寺パルコ正面入り口に登場し、ダンスで魅了したり、おしゃべりしたり、ハロウィンのお菓子を配ったりなど、お客様との交流を行います。





日時:
2020年10月30日(金)14:00~18:00
2020年10月31日(土)12:00~18:00
2020年11月1日(日)12:00~18:00

場所:
吉祥寺パルコ 正面入り口 横・特設会場

内容:
アイドルロボット「高坂ここな」ダンス&お出迎え&お菓子プレゼント
50cmモーションフィギュアー(MOFI7-Cute)受注会

スピーシーズは、ソニーで「AIBO」などの開発に携わってきた春日社長が独立し、2005 年に設立したロボットベンチャー。当初は二足歩行ロボットなどを手掛けていたが、14 年にロボット技術とキャラクターフィギュアを掛け合わせた世界初のモーションフィギュアシステムを発表。ロボットを中心とするメカトロニクス製品の開発販売を行う。

高坂ここなは、女性らしいスリムな体形を実現しており、全身が滑らかに動き、美しいしぐさを表現可能な等身大の“アイドルロボット”。身長は約155センチ。全身に43自由度を持ち、AIやコミュニケーションなどのソフトと連携することも可能。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム