SkyDriveの空飛ぶクルマを展示会「フライングカーテクノロジー」で一般公開へ 操縦席に座って撮影可能 展示会初日に基調講演

『空飛ぶクルマ』を開発する株式会社SkyDriveは、2020年11月4日〜6日に東京ビッグサイトにて開催される空飛ぶクルマの専門展「フライングカーテクノロジー」に、日本初の有人飛行に成功した「空飛ぶクルマ・有人機SD-03の 展示用モデル」を世界で初めて一般公開することを発表した。

空飛ぶクルマの飛行動画

空飛ぶクルマとは

正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL、electric vertical takeoff and landing)」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されている。今後は、2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されている。

開催期間中は展示モデルの紹介、ならびに操縦席に座って撮影できる機会が設けられる。また、展示会初日の「空飛ぶクルマ時代の幕開け」と題した基調講演には、SkyDrive代表の福澤氏も登壇し、日本における研究を牽引している慶應義塾大学中野氏、テトラ・アビエーションCEO中井氏とのトークディスカッションを行う。

基調講演「空飛ぶクルマ時代の幕開け」
【日時】2020年11月4日(水)10時30分〜12時
【内容】「空飛ぶクルマ時代の幕開け」
【登壇者】
慶應義塾大学大学院 中野 冠 氏
株式会社SkyDrive 代表取締役CEO 福澤 知浩 氏
テトラ・アビエーション株式会社 CEO 中井 佑 氏

【福澤知浩(ふくざわともひろ)代表取締役CEO】
東京大学工学部卒業後、2010年にトヨタ自動車に入社し、グローバル調達に従事。2018年に株式会社SkyDriveを設立し「空飛ぶクルマ」と「カーゴドローン」の開発を推進。経済産業省と国土交通省が実施する「空の移動革命に向けた官民協議会」の構成員として、「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて政府と新ルール作りにも取り組む。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム