Amazon Audibleで新しいオーディオエンターテイメント「アレク氏2120」制作へ 監督はTRICKやSPECの堤幸彦、出演は山寺宏一/梶裕貴/窪塚洋介

「SPECホルダーのひとりになった気分」
「ラジオドラマというより聴く映画」
出演者たちはそう語る。


世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスであるAmazonオーディオブック「Audible」(オーディブル)で、「TRICK」「SPEC」「池袋ウエストゲートパーク」などで知られる堤幸彦監督がオーディオエンターテイメントコンテンツ「アレク氏2120」の監督をつとめることがわかった。ティザー動画の公開がはじまった(後述)。

堤幸彦監督



現時点でわかっている出演者は、山寺宏一さん、梶裕貴さん、窪塚洋介さん。

左から窪塚洋介さん、梶裕貴さん、山寺宏一さん

「Audible」は11月19日に「Amazon Audible プレス向け戦略発表会」を開催し、この全く新しいオーディオエンターテイメントコンテンツの制作発表会を行い、そこで詳細を発表する。
発表会では、監督や出演者が登壇、トークセッションや台本の一部の実演を公開する予定。
発表会に先駆けて、同作のティザー動画(予告映像)をAudible公式のYouTubeチャンネルにて公開した。ティザー動画の末尾にはほかの出演者の名前も表示されている。

なお、オーディブルのコンテンツは、スマホアプリ、Amazon EchoやAlexa搭載デバイス等で鑑賞できる。


Audible(オーディブル)とは?

「本を聴ける」サービス、世界最大級の規模を誇るオーディオエンターテイメント・サービス。
Amazon オーディオブック「Audible」は、いつでもどこでも耳で読書ができるのが特徴。プロのナレーターによって読み上げられた本を音声で聴くことができ、スマホでのオフライン再生も可能。通勤時間や家事の合間、お休み前など、日常のあらゆる時間に読書を取り入れることができる。日本最大級の約40万タイトルをラインナップ。ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・英会話・洋書まで、豊富なジャンルを取り揃えている。芸能人・著名人による声の出演など、Audibleでしか聴けないプレミアムなコンテンツもラインアップされている。
現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印・西の10カ国で展開し、すでに世界で何百万人もの人々が利用。海外では一般的なコンテンツとして広まっている。
スマホアプリはもちろん、Amazon Echoシリーズを始めとしたAlexaが使えるデバイスやPCサイト、スマホアプリから聴くことができる。

URL:www.audible.co.jp

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム