動く実物大ガンダムが2つのギネス世界記録に認定!世界最大の「可動型ヒューマノイドロボット」&「可動型ガンダム」として

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として横浜市と連携し、株式会社Evolving Gが運営する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の、18m実物大の“動くガンダム”が「最大の可動型ヒューマノイドロボット(Largest mobile humanoid robot)」及び「最大の可動型ガンダム(Largest mobile Gundam)」として、2020年12月3日(木)にギネス世界記録に認定された。(©創通・サンライズ)


また、12月17日(木)「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」において実施されたギネス世界記録公式認定授与式で、GLOBAL CHALLENGEの代表理事・宮河恭夫氏は以下のようにコメントしている。

GLOBAL CHALLENGE 代表理事・宮河恭夫 氏

この度は本当にありがとうございます。まさか人生でギネス世界記録の認定をいただけるなんて、思っていませんでした。ぜひ、実際に横浜へお越しいただき、ギネス世界記録に認定された実物大の”動くガンダム”を、皆様に見ていただければと思います






なお、同授与式の様子は「ギネスワールドレコーズジャパン株式会社」の公式Twitterにて見ることができる。

該当記事(同社公式Twitter内):
https://twitter.com/i/status/1340889606925914112


ギネス世界記録認定内容

最大の可動型ヒューマノイドロボットであると同時に、最大の可動型ガンダムとしての世界一記録を達成。同記録は2020年12月3日付けで登録された。


▼ 記録名
1.Largest mobile humanoid robot (和文:最大の可動型ヒューマノイドロボット)

2.Largest mobile Gundam (和文:最大の可動型ガンダム)

▼ 記録数値
いずれも18m

▼ 登録日
2020年12月3日(木)

▼ 記録保持者
一般社団法人ガンダム GLOBAL CHALLENGE

▼「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」概要
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、18m実物大の“動くガンダム”を格納し、メンテナンスワークを行うデッキ「GUNDAM-DOCK」と、”動くガンダム”の仕組みを楽しみながら学べる展示施設等が入った「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成された施設だ。「GUNDAM-DOCK」には、15-18mの高さから“動くガンダム”の頭部やボディを間近で見ることができる、大迫力の特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」も設置されており、ガンダムという海外からも高い注目を集めるIPと日本のものづくり、優れた技術力の融合をライブで体感できる。

会期 2020年12月19日(土)~2022年3月31日(木)
場所 横浜・山下ふ頭
運営 株式会社Evolving G


©創通・サンライズ


関連サイト
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム