トヨタとウェザーニューズ コネクティッドカーからの情報で道路凍結を推定する実証実験 47都道府県で開始

コネクティッドカーは自動車がインターネットやクラウドなどと接続して、情報の共有を行うしくみや技術。自動車側がクラウド側から最新の情報を得るだけでなく、自動車側から有用な情報をクラウド側に発信することで他の自動車と情報共有できる。例えば、ワイパーの作動情報を自動車側から提供することで、どの地域で雨が降っているのかが高い確度で推測できる。

株式会社ウェザーニューズは自社が持つ気象データとトヨタのコネクティッドカーから得られる車両データを活用して、気象観測・予測の精度向上やドライバーの安全性向上を目指す共同研究を実施している。この共同研究の一環として、車両データと気象データから道路の凍結箇所を把握するための実証実験を2月22日より47都道府県で開始することを発表した。


車輪がスリップしたとみられる箇所を検出

今回実施する実証実験では車のブレーキの稼働状況や走行データ等を用いて、車輪がスリップしたとみられる箇所を検出し、その場所の気温や降雪・降雨などの気象データと合成することで、道路の凍結箇所を推定する。推定した凍結箇所は実証実験の期間中ウェブサイトにリアルタイムで公開するほか、ウェザーニュースアプリのユーザーから寄せられる天気に関する報告や写真、コメント等を元に検証を行い、システムの精度向上を図る。(冒頭の画像の赤点が凍結推定箇所。画像はイメージ)

ウェザーニューズはトヨタとの共同研究を通じて、気象データとコネクティッドカーから得られる車両データを「いざという時に役に立つ」情報として広く提供し、ドライバーのさらなる安全に寄与することを目指す。(実証実験ではトヨタのコネクティッドサービスを利用の車両から収集した車両データに統計処理を行ったうえで、個人が識別されない形で運用する)


実証実験の背景

冬型事故(積雪、凍結、吹雪等の冬期現象が事故の直接または間接要因となったもの)におけるスリップ事故の割合は9割前後にものぼり(北海道警察『冬型事故の実態 平成30年版』より)、スリップ事故に繋がる道路の凍結は車の安全運転に大きく影響する。このため道路管理事業者は道路への積雪や凍結が予想される場合には、除雪や凍結防止剤の散布を行い、スリップの防止措置を行う。

しかし、道路の凍結箇所の把握は道路管理者の定点気象観測や巡回、ライブカメラ等による目視が主で、凍結箇所を全線で網羅的に、かつリアルタイムで把握することは非常に困難とされてきた。また、スリップの起きやすさを直接的に推定する手法もほとんど存在しない。


凍結箇所の推定方法

実証実験では車のブレーキの稼働状況や走行データ等を用いて、車輪がスリップしたとみられる箇所を検出し、その場所の気温や降雪・降雨などの気象データと合成することで、道路の凍結箇所を推定する。路面が凍結しているかどうかは気象データのみでは判断できない一方で、車輪のスリップの要因も複数考えられるため、スリップの検出だけではその場所が凍結しているかどうかは判断することができない。車両データと気象データの双方を掛け合わせることによって初めて、車輪のスリップに繋がる道路の凍結箇所の推定が可能になる。2020年1月19日、都内を含む関東で雨や雪が降った事例では、車両データにより合計5,026件のスリップが検出された。


ドライバーが網羅的に凍結状況を把握できるシステムを構築

実証実験では凍結箇所の推定結果を『路面凍結推定マップ』としてウェブサイトにリアルタイムで公開する。また、ウェザーニュースアプリのユーザーから寄せられる天気に関する報告や写真、コメント等を元に推定結果の検証及び精度向上のためのシステム改良を行っていく。

路面凍結やスリップのおそれがある地点をサイト上にリアルタイムで公開することで、個々のドライバーの安全運転に役立ててもらうために、実証実験を通じて、簡易で網羅的に道路の凍結状況を把握することができるシステムを構築し、道路の安全管理への貢献とドライバーへの注意喚起などを通じた交通事故の防止、長期の立ち往生の回避など、安全な道路通行に寄与することを目指す。

<実施概要>

実施期間 2021年2月22日開始
対象地域 47都道府県
実施方法 道路凍結の推定結果を『路面凍結推定マップ』としてウェブサイトに公開
路面凍結推定マップURL https://weathernews.jp/v/road_frozen/map.html


トヨタ×ウェザーニューズの共同研究

昨今、激甚化する気象現象や気象災害が社会問題となっており、これまで以上に局地性・即時性のある気象情報やその対応策情報が求められている。このようなニーズに応えるためには、より詳細で正確な気象状況をリアルタイムに把握することが必要。しかし、既存の気象観測器は設置場所や測定間隔が制限されてしまうという課題がある。

一方でIoT技術の発達により、様々な機器が通信機能を持つ時代となっている。車も同様でIoT技術を持つコネクティッドカーからは走行データや車のコンディションデータが寄せられ、これらの車両データから車の走行や挙動に影響を及ぼす事象を捉えることが可能。

このような背景からウェザーニューズとトヨタは、ウェザーニューズが持つ気象データとトヨタのコネクティッドカーから得られる車両データを活用して、気象観測・予測精度の向上やドライバーの安全性向上を目指す取り組みを開始した。従来のように気象現象を直接センサーで捉えるだけでなく、車両データと気象データというビッグデータを組み合わせて分析することによって、道路及びその周辺の実況把握への新たな活路が開けることが期待できる。両社は取り組みの第一弾として2019年10月に道路冠水検知の実証実験、第二弾として2019年11月にワイパーデータを用いた実証実験を行った。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム