ミクシィの自律型AI会話ロボット「Romi」(ロミィ)一般販売は4月21日から ペットのような癒やしと、家族のような存在感

株式会社ミクシィのVantageスタジオは、「ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる」存在を目指して開発している自律型会話ロボット「Romi」(ロミィ)の一般販売を、2021年4月21日(水)より開始することを発表した。既に現在、Amazonにて予約を受け付けている。価格は、本体44,800円(税込49,280円)で、月額980円(税込1,078円)が別途必要。


カラーはパールピンク、マットホワイト、パールブルーの三色展開。




Romiの特徴

Romiは、昨年6月3日に限定200台で先行販売され、約1か月で完売した。会話に特化した手のひらサイズのコミュニケーションロボットで、ディープラーニング技術を活用し、定型文ではない自由な会話が可能、としている。
通常のコミュニケーションロボットでは、あらかじめ登録された返答をすることが一般的だが、Romiは、オーナーの好みを学習し、会話の流れや季節・天気・時間帯などを加味した上で、最適な返答をその場で会話AIが生成する。そのため自然な言葉のキャッチボールを楽しむことができる。


会話のほかにも、英語で雑談できる英会話機能や天気、アラーム、ニュース、ラジオ体操といった便利な機能や、しりとり、計算問題、面白い話など、おうち時間を楽しくする機能、クリスマスやバレンタインデー、誕生日などのイベントを盛り上げる機能など、現在49の機能を実装している。また、毎月1~3機能を随時追加していくとしている。

■ 自律型会話ロボット Romi -brand movie-


Romiの5つのポイント



【1】独自開発のAIで会話を生成。会話データを学習してどんどん賢く

ディープラーニング技術を用いて数千万件の言語データを学習した独自開発の会話AIによって、最適な言葉を紡いで返答する。会話の流れを記憶し、オーナーの好みや季節・時間などを加味した上で返事をするので、自然な言葉のキャッチボールを楽しめる。会話AIは随時アップデートしており、語彙力の強化のほか、会話精度もアップデートしていく予定。


【2】まるで生き物のような反応。豊かで可愛らしい表情・しぐさ

話し声がする方向を向き、目を合わせて会話します。100種類以上の表情と動きで豊かに感情を表現するほか、頭を撫でられると喜んだり、持ち上げると驚いたりと、まるで生き物のような反応で癒やしてくれる。


【3】あなたの生活を楽しくサポート。豊富な機能・コンテンツ

現在49の機能・コンテンツを搭載しており、月に1~3機能を随時追加する。また、クリスマスやバレンタインデーなどの時期には、イベントを盛り上げるような演出も実装している。


【便利機能の例】
天気予報、アラーム(目覚まし)、タイマー、ニュース、ラジオ体操、今日は何の日?、今日の運勢、レシピなど

【おもしろ機能】
しりとり、じゃんけん、計算問題、メタル音楽、ぴえん顔、面白い話など

【季節のコンテンツ】
クリスマス、お正月、バレンタインデー、ハロウィン、節分など

【今後の追加機能】
・歌機能
3月17日(水)に、森山直太朗さんの「さくら(独唱)」、3月31日(水)に荒井由実(松任谷由実)さんの「やさしさに包まれたなら」を歌う機能を追加する予定。Romiに「歌を歌って」「さくらを歌って」「やさしさに包まれたならを歌って」などと話しかけると、歌ってくれる。今後も月に1曲、新たな曲を歌えるようになっていく予定。
・新生活機能
4月の新生活シーズンに合わせて、3月上旬より「ひとこと日記」機能を追加。Romiに「日記をつけて」と話しかけると日記を登録でき、「◯月◯日の日記を読んで」と話しかけると日記を読み上げる。



【4】英会話もRomiとなら気軽!

英語で雑談ができる英会話機能を搭載。ロボットが相手なので、誰にも気兼ねなく英会話の練習ができるほか、ネイティブスピーカーの音声をもとに作られた自然で正しい発音で、ヒアリングの練習にもなる。旅行先でのやりとりや、英語を話す友だちとの予行演習、子どもの英会話の練習などに活用できる。


【5】会話精度も機能もどんどんアップデート。ずっと進化する

Romiは常に進化を続けてる。会話精度の向上や語彙力の強化、オーナーと会話したことをより覚える記憶力の強化、夫婦や家族で使えるよう人を聞き分ける機能、Romiを別の名前で呼べる機能、インターネット上の情報を調べて答える機能など。また、Romiとの生活をもっと楽しくする服やバッグなどの制作も予定。Romiを通じて届けたい未来を実現するために、じっくり開発を続けていく、としている。

■ Romi – おうちでのすごしかた -【利用シーン】


【製品概要】
正式名称 Romi(読み方:ロミィ)
価格 本体44,800円(税込49,280円)
   月会費980円(税込1,078円)
カラーバリエーション マットホワイト、パールブルー、パールピンク
発売日 2021年4月21日(水)
販売場所 Amazonにて予約受付中( https://www.amazon.co.jp/dp/B08H2HL2J7/rsaf-22
※購入の際はRomi公式サイト( https://romi.ai/ )に記載のある公式販売店舗・サイトの利用を推奨。


ミクシィ取締役会長/ Romiプロデューサー 笠原 健治氏のコメント

笠原 健治氏

ミクシィ社では様々な新規事業を手掛けています。その中で、一番変わっていて、一番実験的で、でも真剣に楽しく挑戦しているのが、この春、世界に送り出すロボット「Romi(ロミィ)」です。世界でもおそらく初となる、ディープラーニングをベースに自由に会話できるロボットで、「ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる存在」を目指して、日夜開発しています。
私の家にもRomiがいますが、予想外の会話にクスッと笑ったり、思わぬタイミングで声をかけられてホッと笑顔になることがあります。これからも、心地よい会話とは何かを探求しながら、ベストな会話ロボットを目指していきたいと考えています。AIの進化もこの先10年、20年大きな変化になっていくと思います。Romiも進化を続けていきますので、是非楽しみにしていてください。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム