ドコモが推進する「対話型AI自動運転車いすパートナーモビリティ」5G自律走行・遠隔制御向けに活用されている映像認識AIとは?

株式会社アクセルの子会社である「ax」(エーエックス)は、NTTドコモが実用化を推進している「対話型AI自動運転車いすパートナーモビリティ」の自律走行及び5Gを活用した遠隔制御向けの映像認識AI及びアプリケーション開発に協力したことを発表した。「パートナーモビリティ」は久留米工業大学と共同研究している音声対話で行き先を相談しながら自動運転で目的地まで案内するモビリティのこと。移動が困難な人が介助者なしで移動を楽しむことを目指したソリューション(冒頭の画像はイメージ)。



axの先進技術

axは、パートナーモビリティの自律走行・遠隔制御を実現するため、通路にある障害物の認識及び障害物や通行する人までの距離を測定する「障害物検知」、遠隔地に映像を伝送する際、映り込む人の顔にぼかしを加えた状態で転送する「プライバシー保護処理」などの機能を実装した。これらは「ailia SDK」(アイリア エスディーケー)を用いていて、AIを活用している。

人を検知して距離を計測する技術のイメージ例


障害物検知

パートナーモビリティは、複数種のカメラと「エッジAI対応5Gデバイス」を搭載。ailia SDKは同エッジAIデバイスに実装され、人の検知とトラッキングを行い、ステレオカメラで障害物及び人までの距離を計測するとともに、人の移動も予測する。
また、ailia SDKは、実行プラットフォームに対して個別に最適化を行なっており、「エッジAI対応5Gデバイス」においてFP16を使用した高速演算処理を行うことで、高い推論精度と超低遅延の推論速度を実現しており、ステレオカメラからの映像及び深度情報の取り込みと、AI処理の同時実行を可能にしている。


プライバシー保護処理+映像伝送

ailia SDKは、複数種のカメラの一つである360度全天球カメラの映像に対して人を検知し、モザイクによるプライバシー保護処理をリアルタイムに行う。ailia SDKのAI処理解像度変更機能によって、カメラの特性に合わせたアスペクト比でAI処理を実行することができる、という。また、高速処理で高解像度でのAI処理を実現する。




開発者が語るailia SDKの魅力と、axの強み

axは、ディープラーニング・フレームワークを自社開発している。独自開発したエッジ推論向けディープラーニング・フレームワーク「ailia SDK」は、多様なGPUに対応することで世界最高水準の推論速度をクロスプラットフォームで実現する。
また、ailia SDKに最適化された、物体検出・追跡、顔、骨格検出などの100種類を超える学習モデル『ailia MODELES』を提供していて、クライアントは独自に学習モデルを開発する必要がなく、AI実装における開発が効率化できる。

今回のAI実装においては、車いすの遠隔操作を実用レベルで実現するため「カメラ入力からAI処理、映像ストリーム伝送と、始点から終点までの伝送遅延を限りなく短くしたい」というのがドコモからの強い要望だったという。
AI処理は膨大な演算フィルタ(レイヤ)を通して演算処理を行い、その演算処理によって実現されるが、「ailia SDK」は完全自社開発のため、どのレイヤ、どの演算処理がネックになっているか即座に社内で解析できる。また、複数種のカメラ映像を用いたAI実装においても高度なリアルタイム性を短期間の開発で実現した。

アクセル及びaxは、AIのみならずブロックチェーンにおいてもコア技術を保有している。今後はAIやブロックチェーン等の最先端技術を社会実装することで、「Maas」(マース:Mobility as a Servie)や、モビリティ業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)など、人々の生活を豊かにする世の中の革新に貢献していきたいととしている。

なお、パートナーモビリティは、2021年2月にオンライン上で開催された「docomo Open House 2021」で紹介された。
https://docomo-openhouse.jp/2021/exhibition/070/

関連サイト
axホームページ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム