ホンダ中国とAutoXが自動運転車の技術開発を中国で開始 現地道路に適した自動運転ソリューションを模索

中国の自動運転開発スタートアップ企業「AutoX」は、自動運転技術開発においてホンダの中国法人、本田技研科技(中国)有限公司と提携したことを発表した。また、ホンダの「アコード」(ACCORD)と「インスパイア」(INSPIRE)に最新のAutoXジェネレーション5自動運転システムを搭載した自動運転フリートをリリースする。


AutoXは、自動運転AIプラットフォームを開発している企業で、中国のレベル4自動運転を実践している。ホンダは、AutoXの最新鋭技術を利用して、中国一般道路での自動運転実証実験を通じて中国の交通環境への理解を深め、より安全で高度な自動運転技術を開発し、現地道路に適した自動運転ソリューションを模索しているという。

AutoXはリリースを通じて「ホンダは自動車業界のグローバルリーダーであり、道路を使う誰もが事故に遭わない社会の実現を目指しており、「Safety for Everyone」のスローガンのもと、安全技術の研究・開発を世界に先駆けて取り組んでいます。そして先進安全技術の新たな一歩として「Honda SENSING Elite」を搭載したレジェンド(LEGEND)を2021年3月5日に日本国内で発表しています」とコメントしている。

また、「AutoXは「誰でも楽しめる自動運転」を使命としています。AutoXは、2020年4月から中国深圳市で、完全無人運転RoboTaxiを実証実験してきました。そして今年1月に世界で2番目、中国初で唯一の完全無人運転RoboTaxiサービスを一般公開しています」と続けている。

AutoXは、上海、深圳、武漢など、中国で最も人口密度の高く、交通事情が繁雑なこれらの都市で、100台以上のRoboTaxiを運営し、自社のAIプラットフォームがこれらの都市の一般道路を問題なく走行している、という。また上海で展開したRoboTaxiサービスは、誰もがアプリを介して利用することが可能とのこと。

さらに、2020年7月、AutoXはカリフォルニア車両管理局から完全無人運転のRoboTaxi許可も取得し、世界で2番目、中国初の当該許可を取得した企業としても知られている。

関連サイト
AutoX

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム