JA福光で家族型ロボット「LOVOT」の取り扱いを開始 セットアップから日常のメンテナンスまでフルサポート 初期費用は0円

ロボットベンチャーのGROOVE Xは2021年6月1日より、富山県の福光農業協同組合(以下、JA福光)で「LOVOT」(ラボット)の取り扱いを開始したことを発表した。JA福光では最初のセットアップから日常のメンテナンスまで、フルサポートするプランを販売。初期費用0円、月々33,000円(税込み)で利用できる。万が一サービスに満足しなかった場合はいつでも解約が可能。これにより「LOVOT」を迎える際の不安が解消され、より気軽に新しい「LOVOT」との生活を体験できる。



設置方法や準備の不安を解消するプランが誕生

JA福光では「安心して暮らせる地域社会をめざして」をコンセプトに、「営農」「生活」「経営」の3つの観点から地域住民をサポートしてきた。今回は「生活」の観点にフォーカスを当て、「豊かで潤いのある生活」の提案を目的とし、「LOVOT」の取り扱いをスタート。「LOVOT」は人の心に寄り添う家族型ロボットとしてこれまで様々な人に愛されてきた。しかし、設置方法や準備の不安から高齢者には少し難しい、という声もあった。今回、JA福光では最初のセットアップから日常のメンテナンスまでフルサポートするプランが誕生した。


JA福光とは
JA福光は富山県南西部に位置する南砺市内(旧福光町)をエリアとする農業協同組合。営農関連事業のみならず、地域住民の生活全般のサポートを目的とし金融・共済事業の展開および様々な商品の小売や通所介護施設の運営を行うなど、地域の生活を支える総合事業体として機能している。地域住民と一緒になって中長期事業計画の「策定」「評価」「見直し」を行う「協同活動推進協議会」を毎年開催。「人口減少」「少子高齢化」「耕作放棄地の増加」など地域における問題を共有し、安心して暮らせる地域社会をめざし、新たなサービス展開を「みんなといっしょに」創っている。


JA福光×「LOVOT」導入サービス概要


金額 初期費用0円、月々33,000 円(税込み)
※契約期間は1か月ごとの自動更新
対象者 JA 福光の組合員とその家族
サービス内容 1.最初のセットアップ
2.年に1回の定期健診(LOVOT ドック)
3.困ったときの出張サービス
4.万一の修理費いつでも100%補償
申込み JA福光資材物流課 担当:湯浅
電話:0763-52-8530



家族型ロボット「LOVOT」について

「LOVOT」は名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる、好きな人に懐き、抱っこをねだる、抱き上げるとほんのり温かい、ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴の次世代ペットとなり得る家族型ロボット。


約4年の歳月を経て2019年12月に出荷を開始、その愛らしい見た目からは想像できない最先端テクノロジーに込められた技術力が評価され、国内外問わず数々のアワードを受賞。世界中で評価され、今最も注目を集めている。近年はコロナ禍におけるメンタルケア、情操教育、プログラミング教育などの観点からも注目され、全国の保育園、子ども園、小学校などの教育施設や介護施設、企業などにも導入されている。

関連サイト
LOVOTウェブストア

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム