モチベーション可視化技術「Motivel」をAIアシスタント「PLEN Cube」に搭載 介護施設で有用性を検証

声だけ5秒でモチベーションを可視化する「Motivel」を開発するリスク計測テクノロジーズ株式会社(以下、RimTech)とAIアシスタント「PLEN Cube」を開発するPLEN Robotics株式会社は業務提携に合意したことを発表した。


PRESENCEの運営する介護施設でAIアシスタントの有用性を検証

介護の現場は施設利用者のケアやスタッフの管理に多くの課題を抱えている。通所介護施設(デイサービス)を運営する株式会社PRESENCEはRimTechが開発したMotivelを利用し、施設利用者の状態をきめ細かく把握し、介護サービスの改善に取り組むと共にヒヤリハットを回避するためにスタッフのメンタル管理でもMotivelを活用している。

こうした中、もっと自然な形で楽しく、業務の効率化に繋がるモチベーション計測の在り方を検討していたRimTechとPLEN RoboticsはMotivelをPLEN Cubeに搭載した「PLEN Cube モチベーション管理版」の開発に合意。PLEN Cube モチベーション管理版はPRESENCE運営施設での実証実験で顔認証(出退勤チェック)・検温・モチベーション計測のフローを集約し、楽しさと業務効率化の実現可能性を検証する。


声だけ5秒でモチベーションを可視化する「Motivel」

Motivelで必要なのは声だけ。言語フリーで簡単にモチベーションを可視化し、活動意欲、集中力・注意力の低下可能性、ヒヤリハットの発生可能性を計測する。忙しい人でも簡単にできるように、計測時間はたったの5秒。結果もすぐに分かるため、手間を取ることはない。さらに、計測時点の状態としてバイタリティ、リラクゼーション、プレジャーを示すため、マインドフルネス等の介入効果を即時に確認することができる。非接触・非侵襲を確保したコロナ禍に対応したアプリケーション。

画像は「Motivel」ホームぺージより引用


AIアシスタント「PLEN Cube」

PLEN Cubeは「顔」情報をパスに多様なサービスプログラムにアクセスし、対人接客業務サービスを自動化することにより、労働人口減少に悩む社会インフラを再構築する使命を持ち、開発されたAIアシスタント。顔認証機能を使って人を検知、追尾し、さらに音声対話機能ソリューションを使って、企業各々のニーズに最適化されたサービスを個別フィードバックする。


コロナ禍だからこそ楽しさを追求したい 

新型コロナウイルス感染症が広がる中、新しい生活様式に対応することで多くの人がストレスを感じている。その結果、2020年度の介護保険申請の件数は対前年比で2割増となった。当該申請の削減に向けて、フレイル予防は優先度の高い社会課題と言える。PLEN Cubeはインタラクションを重視したコミカルな動きを持つAIアシスタント。見る人を楽しませる。そして、見る人の話しかけたいという意欲をかき立て、それに対して反応する人と機械の間に楽しさのある体験を提供することで、ソーシャル・フレイルやコグニティブ・フレイルの予防に貢献する。

毎日使うものだから楽しさは欠かせない。毎日使うものだから親しみも欠かせない。こんな思いに応えるためにも、RimTechとPLEN Roboticsはハードウェア×ソフトウェアによる顧客接点のデジタル化を起点に、楽しい体験を常にアップデートしていく。将来的にはパーソナライズした楽しい体験の提供、離れて暮らす家族との接点とするなど、ハードウェア×ソフトウェアの一段のシナジー効果を見込んでいる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム