未来の住宅は配送ドローン対応の移動式ポートを完備!?ミサワホームとA.L.I.が配送の自動化を実現するコンセプト住宅を公開

株式会社A.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)はミサワホーム株式会社が住まいづくり体感施設「ミサワパーク東京」に建設した、持続可能な未来につながるコンセプト住宅「グリーン・インフラストラクチャー・モデル」にドローンによる個別配送システムの実装を完了したことを発表した。


移動式ドローンポートとドローン配送システムを実装

将来的に荷物の配達状況可視化システムに連動することを想定して、移動式ドローンポートとそれに対応したドローン配送システムを住宅に実装。居住者は専用アプリケーションを使い、ドローンポートを屋外に移動させておく。ドローンはC.O.S.M.O.S(コスモス)による飛行管理のもと、ポートへの離発着、荷降ろし、配送拠点への帰還を行う。IoTとC.O.S.M.O.Sを組み合わせることで、アプリケーション連携、自律飛行、ワイヤレス給電を行うことが可能。


C.O.S.M.O.S(コスモス)はA.L.I.が開発しているドローン運航管理システムで、飛行区間の定義から認証、決済まで複合的に知財化した空のインフラ特許に基づき開発している。

この仕組みの実装により、高齢者や体の不自由な方の外出回数低減や、介護中・育児中など外出が困難な際の日用品や医薬品の注文配送ニーズに応えるほか、受け取り日時に在宅する必要がないことで、居住者の自由な時間の使い方の創出にもつながる。また、運航管理システムC.O.S.M.O.Sを使うことで、複数台・複数案件の同時オペレーションが可能となり、多様なユースケースに対応できる。



また、配送会社と連携し、一部地域における配送の代替手段としてドローンを使うことにより、再配達の負担軽減やCO2排出低減といった持続可能な物流手段としても貢献できるため、同社は物流のラストワンマイルという課題解決の一つになり得ると考えている。今後はレベル4(有人地帯の目視外飛行)を想定したドローンによるインフラ構築を目指していくとしている。


株式会社A.L.I. Technologiesについて

株式会社A.L.I. TechnologiesはAI搭載型ドローンをはじめ、各種ソリューションビジネスを展開するドローン・AI事業、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業、サステナな社会を創造する電力ソリューション事業、世界初の実用型ホバーバイクの販売を目指すエアーモビリティ事業を展開している。

ロボスタFacebookで最新ニュースが届く【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム